THINK MOBILITY

モビリティジャーナリスト森口将之のブログです。モビリティやまちづくりについて気づいたことを綴っています

講演・調査・執筆などのご依頼はこちらからお願いいたします→info@mobilicity.co.jp

軽トラ市の三段活用

軽トラックの荷台を店舗に見立て、運んできた地場産の新鮮野菜などを対面販売する特設の朝市、軽トラ市。先月、栃木県宇都宮市のオリオン通りで第5回全国軽トラ市が開催されたので覗いてきました。東洋経済オンラインで記事にしているので、気になる方は見ていただきたいですが、自分自身、軽トラ市を実際に見たのは初めてであり、いろいろ感心する部分がありました。

IMG_5987
東洋経済オンラインの記事 = https://toyokeizai.net/articles/-/253995

軽トラはもともと荷物を積んで運ぶための乗り物です。その荷台を店舗に仕立て、60台以上を一列に並べて商店街を作ったシーンにまず圧倒されました。軽トラの荷台が買い物に最適な高さであることにも気づきました。自作の棚でディスプレイを工夫したり、アルミでボックスを作ったり、楽しみながら店を営んでいることも伝わってきました。

IMG_5995

現在はさまざまな形態の移動販売車を目にしますが、多くは販売専用に設計された車両で、それ以外の用途に使うのは難しそうです。しかし軽トラ市に参加した車両は、終わったら残った商品やディスプレイを積んで帰り、翌日からは本来の作業に従事することができます。本業に支障を与えず、新たな役目を持たせているわけで、2005年に最初に軽トラ市を開催した岩手県雫石町の人々の発想に感心しました。

IMG_6020

しかも軽トラ市は地方のにぎわいを創出しています。宇都宮市は人口50万人以上の県庁所在地ですが、以前、平日昼間に訪れたオリオン通りは閑散としていました。それだけに集客力には驚きました。軽トラのみならず、両側に並ぶ商店を覗く人も多く見られました。一方の参加者は軽トラの機動力を活かし、県外からのエントリーも目につきました。過疎化に悩む地域こそ効果が大きいのではないかと感じています。

IMG_5984

気になるのは軽トラ所有者の高齢化と後継者不足です。農村部に共通する悩みですが、軽トラは運転という行為が加わるので、よりシビアな問題になります。ただ生産者と消費者が直接顔を合わせて買い物をすることも軽トラ市の魅力であり、無人運転車ではこの雰囲気は表現できないでしょう。近年は若者がフリーマーケット的に趣味の品物を販売する例も増えているそうなので、今のにぎわいを保ったまま世代交代していってほしいと思っています。

サブスクリプションかシェアリングか

トヨタ自動車が来年から、サブスクリプションサービス「KINTO」を始めると発表しました。サブスクリプションを日本語に直せば「定額制」となるでしょう。携帯電話料金や音楽配信サービスでは以前から一般的でしたが、モビリティの世界では最近になって注目が集まっているようで、今週ラジオ番組で紹介したほか、インターネットメディアで記事にもしました。そこで今回はこのテーマを取り上げたいと思います。
新車購入やカーシェアリングなどとの違い
ReVision Auto & Mobilityのサブスクリプションの記事=https://rev-m.com/mobility/subscription20181205/

交通の世界で定額というと、鉄道やバスの定期券を思い出す人がいるかもしれません。しかし定期券は1日の利用機会が行き帰りぐらいであり区間も決まっています。現在サブスクリプションと呼ばれるものは、もっと範囲が広く自由に使えるものを指すものであると認識しています。

モビリティの分野ではこのブログでも紹介したフィンランドのMaaSアプリ「Whim(ウィム)」が代表格でしょう。Whimは経路検索や事前決済といった、それ以前から一部で実現していたスマートモビリティのサービスに加え、1か月ごとの定額メニューを用意したことが斬新で、現時点でMaaSアプリの最高ランクに位置付けられています。

Whim3つのメニュー

一方自動車の分野ではトヨタに先駆けて、中古車買取のガリバーで有名なIDOM(いどむ)が中古車を用いたサブスクリプションサービス「NOREL」をWhimと同じ2016年からスタート。今年からは新車のBMWとミニもラインナップに加えました。米国ではいくつかのブランドが新車で展開を行なっており、今年ドイツのプレミアムブランド、ポルシェが参入した際には話題になりました。

ポルシェパスポート

どちらも多種多様な選択肢の中から、ユーザーが自由に選んで自由に使えることが魅力となっているようです。ただし公共交通と自動車とではプロセスが違います。前者はルートが選択肢となり、速さ重視か環境重視かなどによって結果が異なってきます。後者は目的や用途に合わせてどんなクルマを選ぶかが分かれ目になります。さらに新車サブスクリプションでは魅力的な新車を短期間で乗り換えできることも魅力に数えられるでしょう。

ただこれは他の業界のサブスクリプションにも言えることですが、自分にとって得か損かは冷静に判断したほうが良いと思います。Whim Unlimitedは月額499ユーロ、ポルシェは安いほうでも2000ドルです。ヘビーユーザーでなければ元は取れないでしょう。インターネットメディアに数字の比較を載せてありますが、週1回レベルならWhimであれば一時利用(Whim To Go)、自動車ではカーシェアリングのほうが妥当だと考えます。

2018-12-08 22

サブスクリプションメニューがない時代、自動車においては所有かシェアかの比較をよく見かけました。カーシェアリング大手タイムズカープラスのウェブサイトには料金シミュレーションがあるので、気になる方は試していただければと思いますが、月20回・1回4時間利用で所有と同等になり、それ以下ならカーシェアリングのほうが割安になるそうです。

IDOMではサブスクリプションについて、自家用車とカーシェアリングの中間的存在としています。そのとおりだと思います。他のモビリティにも言えることですが、トレンドだからと安易に飛び付くのではなく、自分の移動をしっかり見つめたうえで、もっとも適したサービスを選んでほしいと思います。サービスが多様化しているからこそ、ユーザーの選ぶ目が大事になってきていると考えています。

「MaaS・ライドシェア・自動運転と地域交通」セミナーのお知らせ

このブログでも簡単に告知させていただいた、11月21日のReVision Mobility第2回セミナー&交流会には、想像をはるかに上回る多くの方に来ていただきました。この場を借りてお礼を申し上げますとともに、年末に開催されるもうひとつのセミナーについて、個人的な思いを含めて紹介させていただきます。

12月27日13時30分から、東京の大田区産業プラザPIOで、日本福祉のまちづくり学会事業委員会と中央大学研究開発機構の主催で、「地域交通と情報技術〜MaaS・ライドシェア・自動運転と地域交通計画〜」というテーマのセミナーを開催することになり、その中で話をさせていただくことになりました。

ヘルシンキ中央駅前の路面電車
今回のセミナーについて紹介したサイト = http://www.fukumachi.net/2018/11/1227in.html

内容については上のリンクを参照していただければと思いますが、今回登壇するメンバーは今年9月、フィンランドの首都ヘルシンキでのMaaSスタディツアーに参加した面々でもあります。フィンランド交通通信省、ヘルシンキ市役所、MaaS Global社へのヒアリングをベースにした内容となります。似たようなテーマを取り上げた他の多くのセミナーと違うのは、ビジネス視点ではなく生活者視点であることでしょうか。

IMG_4036

MaaSやライドシェア、自動運転にビジネス的な魅力があることは否定しません。しかしビジネスは需要の多いところ、具体的には東京などの大都市周辺に集中する傾向があることは、既存のモビリティシーンはもちろん、他の分野を見ても明らかです。過度なビジネス重視は大都市への一極集中を推進させ、地域交通の疲弊がさらに加速していくのではないかと危惧しています。

IMG_7752

セミナーは日本福祉のまちづくり学会の中で、私も所属している地域交通特別委員会が、事業委員会とのジョイントで開くものです。高齢化や過疎化に悩む地域住民の生活保障を実現する手段としてのモビリティの提供方策を明らかにすることを目的に、新たな地域交通システムの実証や社会実装の推進を目指しているメンバーが、フィンランドでの知見を生かしての内容になると考えています。

繰り返しになりますが、MaaSやライドシェア、自動運転に関するセミナーがあまたある中で、生活者視点というのは希少ではないかと思っています。年末の慌ただしい時期ではありますが、興味のある方は足をお運びください。よろしくお願いいたします。
ギャラリー
  • 車いすの自動運転が重要な理由
  • 車いすの自動運転が重要な理由
  • 地方型MaaSが試される2019年
  • 地方型MaaSが試される2019年
  • 地方型MaaSが試される2019年
  • 地方型MaaSが試される2019年
  • グリーンスローモビリティ・アズ・ア・サービスへの期待
  • グリーンスローモビリティ・アズ・ア・サービスへの期待
  • グリーンスローモビリティ・アズ・ア・サービスへの期待