THINK MOBILITY

モビリティジャーナリスト森口将之のブログです。モビリティやまちづくりについて気づいたことを綴っています

講演・調査・執筆などのご依頼はこちらからお願いいたします→info@mobilicity.co.jp

ニュータウンが活気を取り戻すには

名古屋市の隣、愛知県春日井市にある高蔵寺ニュータウンを訪ねました。日本住宅公社(現UR都市機構)が初めて手掛けたニュータウンで、今からちょうど50年前に入居が始まりました。東京都の多摩ニュータウン、大阪府の千里ニュータウンと並ぶ、日本における大規模ニュータウンの先駆けです。この地でまちづくりに関わっている知人から話を聞き、気になって足を運ぶことにしました。

IMG_5309

高蔵寺ニュータウンはJR中央本線、愛知環状鉄道が乗り入れる高蔵寺駅が最寄り駅となります。しかし多摩や千里のように、駅周辺にニュータウンが広がっているわけではありません。駅からニュータウン中心部までは2km以上あり、上り坂が続きます。歩行や自転車での移動は無理だと思う人がほとんどでしょう。つまりアクセスはバスがメインになります。

IMG_5299

かつては名古屋鉄道小牧駅と桃花台ニュータウンを結ぶAGT(いわゆる新交通システム)、桃花台新交通ピーチラインが高蔵寺ニュータウンを経由して高蔵寺駅に伸びる計画があったようですが、2006年にピーチラインそのものが利用者低迷で廃止されてしまいました。

IMG_5302

バスはニュータウンの地域別に系統が分かれていて、ニュータウン内が終点ではないバスも多く、初めて訪れた人間にとって理解し難いものでした。バス停がニュータウンより一段下にある場合も多く、降りると階段やスロープを使うことになりました。バス停間の距離が長めであることも気になりました。一方ニュータウン内には循環バスが走っており、こちらは停留所をきめ細かく設定しているようですが、駅へ行くには路線バスに乗り換えなければなりません。

IMG_5305

ニュータウン内は大通りをまたぐように歩道橋が縦横無尽に整備してあり、歩車分離がなされているので安全ではあります。しかし端から端まで約4kmと広いことや、バスが上記のような状況ということもあり、多くの住民はマイカーで移動しています。商業施設はもちろん、住宅地域にも駐車場が数多く用意されています。しかし最新報道では高齢化率が30%を超えるそうで、高齢ドライバーによる事故も懸念されます。

IMG_5304

こうした状況を受けて高蔵寺ニュータウンでは最近、電動パーソナルモビリティを使った歩行支援モビリティサービス、自動運転の電動カートや自動車を用いた地域内移動の実証実験を行っており、来年は高齢者向け配車サービスの実証実験も行う予定であるなど、さまざまなトライをしています。この中で個人的に注目したいのは歩行支援モビリティサービスです。前述のように歩道は整備されているので、位置情報や遠隔操作を組み合わせれば、高齢者向けのシェアリングサービスとして有効だと思います。

IMG_2849-1
高蔵寺ニュータウンのウェブサイト = http://kozoji-nt.com/category/

それとともに駅へのアクセス性向上も望みます。ニュータウンの人口は減少に転じているとはいえ約4.5万人と、春日井市全体(約30万人)の15%を占めているわけですから。これは高齢者だけでなく若者にとっても重要です。最近、団地をリノベーションする若者が目立っていますが、彼らは自動車の所有にあまりこだわりません。先進国都市部の若者のマイカー離れは、先月訪れたヘルシンキでも話題になりました。公共交通で暮らせるまちづくりは高齢者だけでなく若者にとっても価値があると考えています。

高蔵寺駅から名古屋駅まではJRで30分で着きます。都心へのアクセスという点では多摩ニュータウンよりはるかに便利だと思います。ニュータウン内には商業施設や飲食店もあります。モビリティを見直すだけでも、可能性のある街に生まれ変われるのではないかと感じました。

MaaSを生んだ人が主役の交通

前回のブログではMaaSがフィンランドの首都ヘルシンキで生まれたことを書きました。でもヘルシンキの交通事情が飛び抜けたレベルにあるかというと、そんなことはありません。下は都心にある市立公園の脇の道です。石畳の道を、路面電車と自動車が共用していることが分かります。次の写真のように都心からやや外れると、道幅が広く、路面電車の軌道と自動車用の車道が分かれています。

IMG_4552

ヘルシンキは約500年前からある都市であり、その後誕生した自動車や鉄道のために作られてはいません。これは欧州の多くの都市に共通しています。ゆえに大通りでは軌道と車道を分けて路面電車の定時性や速達性を確保し、狭い道では共用するという、臨機応変な判断をしているのです。これも欧州の都市で良く見られることです。さらに道が狭ければ線路を単線にします。日本の路面電車は複線の専用軌道にこだわりがちという印象を受けます。もう少し柔軟に考えてもいいのではないでしょうか。

IMG_4531

もうひとつ、歩道が広いことにも気づいたかと思います。最初の写真の道では歩道と車道がほぼ同じ幅を確保しているように見えます。これも欧州の都市では一般的な光景です。おかげで歩いて移動する機会が増え、自動車や電車に乗っていると分からない魅力を発見できたりします。まちなかの賑わいを盛り上げる効果もあるでしょう。日本でも少しずつ歩道を広げる動きは見られますが、まだまだ差は大きいと言わざるを得ません。

IMG_4547

ちなみに自転車レーンは多くが歩道側にありました。石畳の道が多いことが関係しているかもしれません。面白いのは横断歩道の描き方です。最初は歩道の上に横断歩道が描かれているのかと錯覚しましたが、すぐ慣れました。下の写真は路面電車の停留場で、利用者は自転車レーンを横切ることになりますが、自転車側が注意すれば問題は起きないでしょう。ここでも歩道の広さが目立ちます。

IMG_4607

 バス停留所はここまで整備されているところは少なく、裏通りではこのように、停留所の看板だけという、日本のバス停でも良く見られるパターンもありました。ここには自転車レーンもありませんでした。こういう場所では車道右側を走ることになります。ただ日本の同程度の裏通りと比べると、やはり歩道が幅広いとは感じます。

 ヘルシンキのバス

ヘルシンキの道をさまざまな手段で移動しながら、人間中心の考え方が伝わってきました。歩道を広く取る道作りはもちろん、電車やバスは狭い道であってもまず路線を用意し、MaaSアプリに代表させるソフトウェアで使いやすさを高めようとしています。ヘルシンキは現在、市内4か所で再開発を進めており、それに合わせた公共交通を整備してもいますが、同時に既存の交通を生かすためにMaaSのような考え方を導入したことが分かりました。

MaaSの真実を知った日

2週間前のこのブログで、フィンランドのヘルシンキからエストニアのタリンへフェリーで移動したことを書きました。では両都市では何をしていたのか。まずヘルシンキでの活動を書けば、私も所属している日本福祉のまちづくり学会の有志が企画したMaaS(マース)のスタディツアーに参加していました。

ご存じの方も多いかと思いますが、MaaSはMobility as a Serviceを示した言葉です。しかし単なるモビリティサービスを示しているわけではありません。この言葉をいち早く使いはじめたフィンランドの交通通信省、ヘルシンキ市役所、MaaS Global社から説明を受け、議論を重ねることで、MaaSの真の意味が理解できたような気がします。内容についてはモビリティ専門ウェブサイト「ReVision Auto&Mobility」でも紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

ヘルシンキのトラム
ReVision Auto&MobilityのMaaSの記事 = https://rev-m.com/mobility/whim20181009/

日本でも今年になって、MaaSに取り組む交通関係者が多くなりました。特に自動車業界で目立つような気がします。しかしフィンランドのMaaSは自動車のために生まれたわけではありません。その逆で、ICTを駆使することで公共交通にマイカー並みの利便性を持たせ、自動車移動に頼りがちな市民を公共交通に誘導するという考えです。

そのためにMaaS Global社が製作したスマートフォンアプリ「whim(ウィム)」は、目的地への経路探索を行うのみならず、クレジットカード情報をあらかじめ入力しておくことで事前決済を行い、定額乗り放題のプランまで用意しています。しかも鉄道やバスだけでなく、タクシーや自転車シェア、カーシェア、レンタカーなど、あらゆるモビリティサービスを使って案内をしてくれます。

whimアプリ画面

アプリを開発すればOKという簡単な話ではありません。ヘルシンキの交通にはさまざまな事業者が絡んでおり、各事業者の時刻や運賃などのデータがないと実現は不可能です。そのために陣頭指揮を取ったのがフィンランド政府で、交通事業者などが持つデータのオープン化を進めました。国を挙げてのスマートモビリティへの取り組みがMaaSに結実したと言えそうです。

もうひとつヘルシンキのMaaS関連のウェブサイトを見ると、インテグレーテッドモビリティという言葉を目にします。ユーザーの声でもオールインワンであることがもっとも評価されているようです。前述のように鉄道、バス、自転車シェア、レンタカーなどあらゆる交通を、マイカーのように一体で利用できることもスマートモビリティでは大切だと教えられました。

ヘルシンキ自転車シェア

つまり特定の交通事業者が自分たちの利益だけのためにアプリを提供することは、MaaSとは言えないと思います。日本の多くの都市は複数の民間事業者が競合している状況ですが、利用者にとって有り難いのはやはり、ひとつのアプリで多彩なモビリティを一体に使いこなせる、スマートでインテグレーテッドなサービスではないでしょうか。そのためには国や自治体のリーダーシップが大切だと感じました。

前述のReVision Auto&Mobilityでは11月21日にセミナー&交流会を開催予定で、私もMaaSをテーマにした回で登壇予定です。この場を含め、MaaSの本場を見てきたひとりとして、今後も積極的にこのテーマについて情報発信をしてきたいと思っています。
ギャラリー
  • サブスクリプションかシェアリングか
  • サブスクリプションかシェアリングか
  • サブスクリプションかシェアリングか
  • サブスクリプションかシェアリングか
  • 「MaaS・ライドシェア・自動運転と地域交通」セミナーのお知らせ
  • 「MaaS・ライドシェア・自動運転と地域交通」セミナーのお知らせ
  • 「MaaS・ライドシェア・自動運転と地域交通」セミナーのお知らせ
  • ブーム到来?無人運転シャトル
  • ブーム到来?無人運転シャトル