THINK MOBILITY

モビリティジャーナリスト森口将之のブログです。モビリティやまちづくりについて気づいたことを綴っています

2017年08月

講演・調査・執筆などのご依頼はこちらからお願いいたします→info@mobilicity.co.jp

タクシー改革は東京ばかり

今週月曜日から東京(23区+武蔵野・三鷹市)のタクシーで新しいサービスの実証実験が始まりました。これまでは目的地に着くまで分からなかった運賃を事前に確定する「事前確定運賃サービス」です。参加するのは日本交通、国際自動車、大和自動車交通、第一交通産業の4グループに属する44社で、10月6日まで行われるそうです。

IMG_6663

サービスの詳細についてはウェブサイト「citrus」で記事を書いているので参照していただきたいのですが、東京のタクシーで大掛かりな改革が実施導入されるのは今年3度目です。まず1月、このブログでも紹介した昨年の実証実験の結果を受けて初乗り運賃が410円に引き下げられた後、3月には日本交通での子会社ジャパンタクシーが目的地に着く前に自動的に運賃が支払われる「ジャパンタクシー・ウォレット」というサービスを導入しています。

ここまで読んできて気付いた人もいるでしょう。3つの改革はすべて東京についての話です。初乗り運賃引き下げは名古屋地区などでも実施していますが、最後に紹介したジャパンタクシー・ウォレットはジャパンと名乗るにもかかわらず、ウェブサイトを見ると東京23区および武蔵野・三鷹市で運行しているタブレット搭載済の日本交通車両のみとなっています。さらに最初に紹介した事前確定運賃サービスは3000円以上でなければ適用できないという条件付きです。

一連の改革内容を見ながら、今の日本のタクシーは大都市でしか満足なサービスを提供できないのではないかという気持ちを新たにしました。しかも初乗り運賃引き下げ以外の2つの改革は、ウーバーなどのライドシェアでは当たり前になっている内容です。それを「新しいサービス」と称して紹介するガラパゴス的思考に驚かされます。

IMG_3205
citrusの記事=https://citrus-net.jp/article/34714

日本でもすでに過疎化と高齢化に悩む地方ではライドシェアの導入が始まっています。このブログでは京都府京丹後市でのサービス開始に続き、北海道中頓別町でもウーバーのシステムを用いての実証実験が始まったことをお伝えしました。その後中頓別では今年4月から運賃の徴収を始めており、関係者によればこれ以外の地域での導入の計画も進んでいるそうです。

一時期に比べれば表には出さなくなりましたが、タクシー業界がライドシェアを敵視している状況は変わりません。しかし前述したように新しいサービスは東京に限られています。タクシー業界では新しいサービスがやがて全国展開されていくと匂わせているようですが、大都市のモビリティサービスが地方に適応できなくなっていることは、鉄道やバスを見ても明らかです。

今の日本のタクシーに必要なのは、小手先の改革ではなく抜本的な改革です。とりわけ地方では、鉄道などで導入されている上下分離方式などの公的支援に加え、ライドシェアでおなじみの住民による相互輸送を取り入れていかないと、早々に立ち行かなくなっていくのではないでしょうか。
20151026
タクシー車両に目を向けると、数年前から導入している日産自動車のユニバーサルタクシー(NV200)に続き、トヨタ自動車からも新型車が登場する予定です。車いす利用者にも対応したユニバーサルタクシーは、高齢者比率が高い地方でこそ有効です。しかし地方のタクシー会社が高価な新型車を導入する余裕があるか疑問です。以前書いたバスの車両改革に似た構図を連想します。

利用者不在の不毛な争いにいますぐ終止符を打ち、真の意味で住民の側を向いた改革を進めてもらうよう要望します。

自動運転のレベル分けは正しいか

日本福祉のまちづくり学会で交流のある方から自動運転の勉強会の案内をいただいたので、昨日参加してきました。交通関係の研究者や事業者など約20名が集まる中で、国の自動運転関連の検討会で重要なポジションを務め、自動車メーカー技術者との交流も深い大学の先生の講義を拝聴した後、意見交換を行いました。

IMG_3978

個人的にもっとも印象に残ったのは、自動車技術者の間では最近、自動運転レベル3をスルーし、ダイレクトにレベル4を目指す考えが主流になりつつあるということでした。

自動運転のレベルについては下の表を見ていただきたいのですが、わが国では米国SAE(ソサエティ・オブ・オートモーティブ・エンジニアズ)という団体の指標を参考にしており、レベル0から5まで6段階に分かれています。現在市販化されている運転支援システムはレベル2で、レベル3になると人間の代わりにAI (人工知能)が運転を担当することが大きな違いになります。

しかしその上のレベル4では、領域を限定するとはいえAIがすべての運転を担当するのに対し、レベル3はAIが運転を代わってほしいと要請した際には人間が代行する義務があります。裏を返せばAIの運転技術が完璧ではないことを示しています。一方で人間の役割も、基本はAIに任せつつAIが要請した際には運転を担当するというファジーな内容です。

13
日本学術会議のウェブサイト=http://www.scj.go.jp

この問題を解消するためのステップとして、車両側はレベル4の水準を達成しつつ、それをまず人間が運転し、AIに任せても問題がないという結論が出た暁に初めて移行するという手法があるようです。つまりレベル2の範囲を広げる代わりにレベル3はスキップし、直接レベル4に到達するというものです。

そもそもSAEの自動運転レベル分けは、自動車メーカーを基準として作られたものです。先月ソフトバンク・グループのSBドライブなどが東京で実験走行を行った仏ナビヤ・アルマ(写真)や、DeNAが日本各地で走行を重ねているイージーマイルEZ10は、ペダルもハンドルもなく、当初からレベル4としてカテゴライズされています。自動車メーカーのロジックでは判断できない動きが生まれているのです。

IMG_6453

SAEが制定した自動運転のレベル分けは、現在の私たちが自動運転の性能を理解するうえでは有効でしょう。しかしそれは過去の経験に基づいて制定されたものであり、未来永劫遵守すべきものではありません。ルールは時代の要請によって柔軟に変えていくべきものであり、それは自動運転においても当てはまります。つまり絶対的なものではありません。

そもそも自動運転は交通事故を減らすとともに、すべての人に安全快適な移動を提供するために生まれた技術です。レベル3相当の技術を他に先駆けて市販化することは、企業成長の論理では重要かもしれませんが、前述したように曖昧な基準を曖昧な説明のまま販売することの危険性を孕んでいます。その点で車両側の技術をレベル4相当まで高めたうえで人間からAIへの移行を進めていくという解釈は、説得力のあるものでした。
ギャラリー
  • タクシー改革は東京ばかり
  • タクシー改革は東京ばかり
  • タクシー改革は東京ばかり
  • 自動運転のレベル分けは正しいか
  • 自動運転のレベル分けは正しいか
  • 自動運転のレベル分けは正しいか
  • 交通と政治の関係
  • 交通と政治の関係
  • 交通と政治の関係