報道が過熱気味という感もありますが、連日のように高齢ドライバーによる事故がニュースになっています。そんな中インターネットメディアのcitrus(シトラス)から、郊外型ショッピングモールについての記事の依頼を受けたので、流通最大手のイオングループが展開するショッピングセンター、イオンモールを例に挙げ、高齢ドライバーとの関係を書きました。

IMG_9184
 citrusの記事=http://citrus-net.jp/article/10045

高齢ドライバーがステアリングを握り続ける理由はいろいろあります。個人的には記事にも書いたように、多くの高齢者が運転免許を取ったのは高度経済成長期であり、高速道路の開通、モータースポーツの盛り上がりなどもあって、クルマに対する憧れが特に強い世代であることが大きいと考えています。

もうひとつ、この時代の庶民の目標だったのがマイホームです。都心の職場から遠く離れ、駅から徒歩圏内でなくても、庭付き一戸建てに住むことがステイタスでした。もちろん車庫には愛車がありました。マイホームだけあって、多くの人はそこを終の住処とします。郊外に住み、クルマで移動する生活を続けながら、歳を重ねていく人が多いようです。

こうしたライフスタイルを支えてきたのがイオンモールなどの郊外型のショッピングセンターです。広大な郊外の空き地に広い駐車場を構え、レストランや銀行、医療施設などを併設しているので、中心部へ行く必要がなくなり、クルマ中心の生活が加速していきます。駅と店舗を結ぶ専用バスを運行している店舗も多くありますが、ほとんどの利用者は鉄道とバスを乗り継ぐのが面倒と感じるでしょう。

IMG_9208

ところがこのイオンモールが最近になって、駅の近くに相次いで店舗をオープンさせています。イオングループの経営状況が芳しくなく、なかでも総合スーパー事業が不振であることから、いままでと異なる分野への進出を考えたのかもしれません。

自治体としてはこの流れを好機と捉えるべきでしょう。市役所や病院などの公共施設も移設して、駅を中心とした街づくりを進めれば、クルマ中心の移動を公共交通に転換させる転機になるからです。もちろんこれだけで高齢ドライバーの問題が解決するとは思っていませんが、郊外型ショッピングモールの代表格が駅前に進出という事実は、移動を変えるきっかけになる可能性があると考えています。