2週間前のブログで取り上げたポートランドを再び紹介します。今回のテーマは自転車です。下の写真は、国際空港からダウンタウン(旧市街)を抜けて西部の新興住宅地へ至る MAXライトレールのレッドラインです。ドアの脇の空間に自転車が立て掛けてあります。

IMG_8494

車内に車いすやベビーカー利用者のためのユニバーサルスペースを設け、そこに自転車も置く作りはヨーロッパで何度か見てきましたが、自転車を縦に置く方式はあまり目にしたことがありません。自転車利用者にとっては固定がひと手間になりますが、限りある車内空間を節約できるし、乗車中は座って過ごせるので、 個人的にはこの方式のほうが良いと感じました。

ユニバーサルスペースにはスーツケースのアイコンもあります。レッドラインは国際空港へ向かうので、大きな荷物を持った乗客もいます。そういう人たちのためのスペースでもあるのです。見方を変えれば、空港アクセス鉄道の荷物置き場に自転車も置けるようにした、と言えるかもしれません。

IMG_8373

一方路線バスは、車体の前方にキャリアが付いており、ここに自転車を載せることが可能です。写真で見る限り2台の積載ができるようです。 バスは電車より狭いので外側に置くという判断をしたのでしょう。ちなみにこちらでは、車いすやベビーカーは中央の扉から出入りします。つまり車いすやベビーカーと自転車を分けて扱っているのです。

ポートランドでも自転車は、道路上では車両として見なされますが、鉄道の車内では車いすやベビーカーと同列に扱われ、バスではそれとも異なる対応がなされます。状況に応じて柔軟に対処しているのです。まるで大昔からこのスタイルを続けているのではないかと思うぐらい自然に映りました。

IMG_8242

もうひとつ、自転車置き場も紹介しましょう。ポートランドの自転車置き場はこのように、パイプを使った簡単な作りが主流です。ダウンタウンを含めて駐輪料金はないようです。もちろんロックはないので盗難対策は自己責任になります。シンプルかつスマートで、自転車に似合う作りだと思いました。

法律に縛られず利用者を第一に考えた臨機応変な対応と、複数の交通を組み合わせてより良いモビリティを構築していく姿勢、そして利用者の判断を尊重した必要十分な設備が、とても心地よく映りました。ポートランドの人口は約60万人。同等の規模を持つ日本の地方都市なら十分に導入可能な手法ではないでしょうか。