東南アジア出張で、 日本とタイの往復にはLCC(ローコストキャリア)のタイ・エアアジアX、タイとシンガポールの間はタイを代表するエアラインのタイ国際航空を使いました。スケジュールの都合でこうなりましたが、両者の違いが分かりました。ちなみにLCCに対して従来からの航空会社を大手と呼ぶことがありますが、エアアジアも大手なので、航空業界で使われる「レガシーキャリア」という表現とします。

IMG_3867

成田空港にはLCC専用の第3ターミナルがありますが、タイ・エアアジアXは第2ターミナルから出発します。ただしチェックインカウンターは建物の外に作られた小部屋の中でした。機体は往復ともエアバスA330で、エコノミークラスは左右も前後もやや詰めた印象。斜めにフラットになるビジネスクラスは、ひと昔前のレガシーキャリアの設備を譲り受けたのかもしれません。

IMG_4242

6時間以上乗る国際線でありながら、ビジネスクラスを含めて機内エンターテインメントはありません。提供されるのはペットボトルの水だけ。それ以外の飲食物はすべて有料です。ビジネスクラスは食事も無料ですが軽食というレベルです。機内持ち込み手荷物の大きさや重さも厳しく制限されており、オーバーした場合は追加料金を支払って預けることになります。

ただし飛行は安定しており、タイの首都バンコクへの到着が30分遅れたぐらいで、帰りは逆に30分早く成田に着くほどでした。やはり先月乗ったアメリカン航空のロサンゼルス〜羽田便は、乗務員がひとり見つからないとかで出発が2時間遅れた経験があります。LCCの運行が不安定とは言い切れません。隣の乗客はLCC慣れしていたようで、手持ちのiPadで映画を見て過ごしていました。到着前に客室乗務員が枕や毛布を片付けに来ることも、コスト対策として納得できました。

IMG_4125

ところがバンコク〜シンガポール間のタイ国際航空を利用して、少し考えが変わりました。2時間ほどのフライトなのに、全席に機内エンターテインメントが付き、水だけでなくワインやコーヒー、タイ・エアアジアXより豪華な食事まですべて無料です。とりわけ行きはエアバスA350という最新鋭機で、圧倒的に静かだっただけでなく、コーポレートカラーのパープルを間接照明で表現した演出は見事でした。付加価値を提供するレガシーキャリア、付加価値は自分で用意するLCCの違いが明らかになりました。

IMG_4135

レガシーキャリアとLCCの違いは、携帯電話の大手通信事業者とMVNOの違いに通じるところがあります。しかし携帯電話が二者択一なのに対し、航空会社は場面ごとに選ぶことが可能です。私は4回のフライトで、両者を使い分けていこうという結論になりました。他の多くの交通同様、共存が望ましいと感じたのです。航空運賃は購入のタイミングで大きく上下することや、今回のようにスケジュールが左右することもありますが、そのときの状況に合わせて選ぶことで旅の幅が広がると思いました。

もっとも昔からサウスウエスト航空などがある北米では、LCCとレガシーキャリアの差が少なくなっているようです。たとえば日本にも就航するデルタ航空は、米国内線では手荷物や食事は有料と、LCCに近いサービスになっています。LCCの歴史が浅いアジアで、今後両者の関係がどのようになっていくかも注目です。