今回は昨年乗ったパリのバスの話題から始めます。パリのバスが2025年までにディーゼルエンジン車を全廃するなど、大胆な環境改革を進めていることは以前に紹介しましたが、現時点でもハイブリッドバスは各所で見かけます。

IMG_7420

昨年乗ったのもその1台で、ディーゼルエンジンで発電した電気で走行していました。日産ノートe-POWERやJR東日本HV-E201系に似たメカニズムですが、このメカニズムは都市環境だけでなく、利用者にとっても優しいというメリットを生み出していることが分かりました。

車内の写真を見ていただければ、後輪のさらに後ろまで床がフラットであることがお分かりでしょう。エンジンが発電に専念し、タイヤを回すのはモーターだけなので、このような構造が実現できたようです。おかげで高齢者、車いすやベビーカー利用者などのために広いスペースを用意できています。

IMG_7422

一方日本の路線バス車両は、多くが中扉から後方については従来と同じ構造を持つ、部分低床になっています。しかしこれは、日本のバスメーカーに技術がないからではなく、バスの運行事業者が全低床バスに興味がないわけでもないことを、先日関係者に教えられました。

日本のバス事業者は鉄道事業者と同じように、運賃収入を原資として運行しています。そのため設備投資に割く予算は限られており、車両を購入する際にも、なによりも安価であることを求めざるを得ないそうです。メーカーはその要望に沿って、可能な限り開発費用を抑えた車両しか供給できない状況とのことです。

IMG_5505

このブログで何度も書いてきたことですが、高齢化や過疎化が問題となっている先進諸国で、公共交通を公費で支えるという仕組みがないのは日本ぐらいです。欧米の公共交通は税金を導入した運営がなされているから、先進的なデザインやメカニズムの車両・インフラが積極的に導入できるのではないかと思っています。

日本は世界一の高齢化社会であり、地方の過疎化も進んでいます。多くのバス事業者が苦境に陥っています。このままでは近々実証実験が始まるという無人運転バスの導入もスムーズに進むか心配です。公共交通は公費で支えるという仕組みを一日も早く導入すべきであると、改めて記しておきます。