今年は海外に行く機会が多く、初めて利用する空港も数多くありました。そのひとつに関西国際空港(関空)がありました。東京在住の人間にとっては縁が薄い空港ですが、今回は目的地までの直行便が取れなかったので、以前から興味があったここでの乗り継ぎを選びました。

kixterminal01
関西国際空港のウェブサイト=http://www.kansai-airport.or.jp

関空の第1ターミナルは、パリのポンピドゥーセンターをリチャード・ロジャースとともに設計したレンゾ・ピアノが創設し、後に小田急電鉄ロマンスカーを手掛けた岡部憲明氏が代表を務めたレンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ・ジャパンが担当しました。世界初の人工島による海上空港ということもあり、20世紀を代表する土木事業に贈られる「Monuments of Millennium」の10大プロジェクトに選ばれるなど、数々の賞に輝いています。

IMG_6751

帰国後、気になって岡部氏の著作を読むことで、この建築に秘められたさまざまな事実を知りました。そのひとつが、翼を休めるグライダーを思わせる優美な外観です。本館も柔らかい曲線を描く屋根で覆われており、重厚感や威圧感とは無縁の姿を見せています。

IMG_6741

1960年代に作られた空港は独創的な設計が多かったのに対し、1970年代以降はジャンボジェット(ボーイング747)の登場などに伴う大量輸送に対応するため、都市のビルを思わせる機能重視の空港が多くなりました。鉄道ターミナルにも同じことが言えますが、飛行機は空を舞う乗り物であり、重厚さを追求しがちな鉄道ターミナルとは一線を画す、軽快で優美なものにしたいという考えがあったそうです。

IMG_6740

通常は横方向に分けて配置する国内線と国際線のターミナルを、本館の上下にまとめた点も特徴です。1階が国際線到着、2階が国内線出発・到着、3階が出入国手続きとレストラン・売店、4階が国際線出発となっています。私は羽田から国内線で到着し、国際線に乗り継いだので、最初は他の空港との動線の違いに戸惑いましたが、今思い返すと、ここまで移動距離の短い乗り継ぎは珍しいと思いました。

IMG_6749

常識にとらわれず理想を追求した設計思想は、間接照明の反射板を兼ねた本館4階天井の白い空調ダクトなど、あらゆる部分に込められています。サイン(表示板や案内図)が整理されているのも日本では珍しく、2階からアクセスする鉄道はJR西日本が青、南海電鉄が赤と色分けしてあるのでひと目で見分けがつき、バスやタクシーは4階が降車場、1階が乗り場と国際線ゲートに合わせてありました。

IMG_6744

人工島ならではの地盤沈下、国際線増加と国内線減少への対策、大阪国際空港(伊丹)や神戸空港との連携など、関空を取り巻く課題はいくつもありますが、世界に誇れる日本の交通インフラのひとつとして、いつまでもその姿と機能を保っていてほしいと思いますし、ひとりでも多くの日本人にこの建築の良さを理解してもらえればと考えています。