このブログでも出展内容を紹介した第45回東京モーターショーが11月5日に閉幕しました。10日間の累計入場者数は77万1200人で、約4万人の減少という結果が出ました。これを受けて一部のメディアでは、ショーのあり方についてさまざまな批判が出ていました。

IMG_8593

ただし世界の国際格式のモーターショーの入場者数を見ると、前回より増えているのは中国の上海ぐらいで、今年で言えば東京だけでなくデトロイト、ジュネーブ、フランクフルトも減少しています。昨年開催されたパリや北京も前回を下回っています。フランクフルトに至っては10万人以上という大幅減です。多くのモーターショーが入場者数を減らしているという事実をまず把握すべきでしょう。

これらの中で東京モーターショーと近い位置にあるのは、フランクフルトとパリだと思っています。いずれも大手メーカーがある自動車先進国で、一国を代表するショーとして開催されています。近年は他国の自動車ブランドの欠席が目立つ点も共通しています。ここで注目したいのはフランクフルトとパリで、近年ショーの方向性が大きく変わってきていることです。

IMG_8300

フランクフルトは自動車メーカーが発信する場という色彩を強めつつあります。今回で言えば電動化など先進的技術的なテーマを掲げ、プレスデーと一般公開日の間に業界関係者向けのトレードデーを用意していました。閉会後のプレスリリースでは随所にトレードショーという文字が登場し、関係者比率が35%に達したことをアピールしていました。

一方のパリは来年開催の次回、会場周辺のサーキットでスーパーカーや高級車を含めた試乗会を開催し、従来は別開催だった2/3輪車のショーを併催とすることなどで挽回を図ろうとしています。一方で東京やフランクフルトと同じように、IT系企業によるモビリティの新しいソリューションやサービスを体験できるコーナーも用意するとのことです。

IMG_8431

フランクフルトが目指しているのは、米国のハイテク系イベントとして注目が集まるCES(家電見本市)ではないかと予想しています。CESの入場者数は20万人以下であり、そもそも入場者数は重視していません。一方のパリはあくまでユーザー重視のエンターテインメント・ショーという立場にこだわっていることが伺えます。自動車を産業と考えるドイツ、文化と考えるフランスの違いでしょう。

では東京はどこを目指すのか。複数の関係者に聞いたところ、両方を目指すという答えが返ってきました。テクノロジー・ショーを掲げつつ業界関係者だけでなく一般ユーザーにもアピールしたいというスタンスだそうです。メッセージとしては弱くなるかもしれないが、日本が持つ文化の多様性を表現するようなモーターショーにしたいという言葉がありました。

IMG_8390

個人的にはテクノロジーとエンターテインメントを分けるのではなく、融合を目指してほしいという気持ちです。現に日本が世界をリードするパートナーロボットでは、両者を融合したプロダクトがいくつも登場しています。既存の自動車メーカーとIT系ベンチャーのモビリティの融合も進めてほしいところです。他国を含めて現状のモーターショーは自動車メーカー中心です。それがCESなどに注目が集まる理由になっていると考えています。

もうひとつ、世界が同じ方向に進みがちなエンジニアリングより、デザインを重視した方が独自性を発揮できるとも感じています。そもそもショーとは「見せる場」なのですから。今回で言えばトヨタの新型センチュリーやジャパンタクシー、マツダの2台のコンセプトカー、2輪車ではホンダ・スーパーカブやカワサキZ900RSなど、日本らしさを反映したデザインが出始めています。そして最後に、数を追うのはそろそろ止めにして、CESのように質を目指す方向にシフトしていくことを望みます。