2週間ぶりに北陸の話題を記します。私が訪れた週末は、この時期では珍しく晴天に恵まれましたが、その後北陸地方は記録的な大雪に見舞われ、今日も降雪が続いているようです。亡くなった方々のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げますとともに、1日も早く普段の生活を取り戻すことができるよう願っているところです。

IMG_9402

さて、富山でのセミナーの前日には石川県輪島市を訪れました。 ここでは7年前からヤマハ発動機の電動カートを中心市街地の移動に使用し、一部の道路では自動運転の実証実験を行なっているからです。くわしい内容はウェブサイトReVision Auto & Mobilityに記してありますが、 現地で関係者に話を伺うとともに実際に試乗しながら、富山と福井のモビリティシーンを思い出しました。

IMG_9431
ReVision Auto & Mobilityの記事=https://rev-m.com/self_driving/wajima20180214/

ひとつはこのプロジェクトが輪島商工会議所会頭のリーダーシップにより進められ、ヤマハや関係省庁、研究者などと協力しながら、当初は不可能だった電動カートのナンバー取得や公道での自動運転の実証実験など、困難とされるハードルを少しずつクリアして、先進的な取り組みを実現したことです。富山市長と富山ライトレールの関係を思い出します。

IMG_9436

もうひとつは高度で複雑な機構に傾倒せず、簡潔な構造でありながらゴルフ場などで自動運転の経験が豊富な電動カートを活用し、最高速度は保安基準の一部が緩和される19km/h以内に留め、自動運転についてもルート内の一部で実施していることです。既存の設備をうまく活用しながら適切な投資を行なっているところは、福井の交通改革に共通していると感じました。

IMG_9418

電動カートを活用した自動運転は今後福井県永平寺町、沖縄県北谷町などでも行われる予定で、輪島市では無人運転による移動サービスも視野に入れているそうです。電動カートを活用し自動運転を視野に入れた輪島の挑戦は、高齢化や過疎化が進んで日々の移動の確保に悩んでいる小都市に適した交通改革として、多くの影響を与えていきそうです。