先週に続き米国を取り上げます。今回はニューヨークの前に訪れたカリフォルニア州サンフランシスコです。サンフランシスコの乗り物と言えばまずケーブルカーを思い出すでしょう。1873年に開通した、現存する世界最古のケーブルカーであり、坂の多い港町を象徴する存在になっています。しかしサンフランシスコの公共交通はケーブルカーだけではありません。

IMG_0223

ケーブルカーはMuniの愛称で知られるサンフランシスコ市交通局が運行していますが、Muniはこれ以外にメトロ、ストリートカー、バス、トロリーバスも走らせています。メトロは昔からある路面電車をベースとして、都心部を地下化するとともに郊外への路線延伸をしたもので、車両は日本や欧州のLRTで使われているものに似ています。米国で生まれたLRTという言葉の語源、ライトレールという呼び名を実感できる交通手段です。

IMG_0277

ストリートカーはメトロが地下化したマーケット・ストリート上の線路を活用しており、レトロな車両が走っています。ケーブルカーに近い位置づけかもしれません。同じ場所には市内各方面へ向かうトロリーバスやバスも走行しており、停留場も共用していました。欧州でもよく見られる手法ですが、乗り場が集約されていて便利に感じました。

IMG_0249

鉄道としてはこのほか、サンフランシスコ国際空港やサンフランシスコ湾岸のオークランド、リッチモンドなどを結ぶBART(ベイエリア高速鉄道)、シリコンバレーのマウンテンビュー、サンタクララ、サンノゼ方面に伸びるカルトレインがあります。これらはMuniとは別組織ですが、クリッパーカードという共通カードがあれば乗ることができます。

IMG_0220

サンフランシスコにはニューヨークやポートランド同様、自転車シェアリングもあります。特筆すべきは自動車会社のフォードが運営していることです。ニューヨークなどで自転車シェアリングを手掛けるモティベート社からサービスを受け継いだもので、2017年にフォード・ゴー・バイクの名前でサービスを開始。サンフランシスコのほかサンノゼなど5都市で7000台が稼働しています。

IMG_0265

サンフランシスコ湾岸の都市の間にはフェリーも運行しています。フェリーターミナルに到着した船を見ていると、歩行者に混じって自転車を押す人も目立ちました。訪れた日が比較的温暖だったためもありますが、米国の中では自転車利用が多い都市という印象を受けました。

IMG_0294

サンフランシスコは半島の上にある都市で、川に囲まれたニューヨークのマンハッタン同様、周辺からアクセスする道路は渋滞に悩まされているようです。これが公共交通重視のまちづくりにつながったのでしょう。さらに周辺にIT企業が集結している関係で、歴史ある街なのに若さを感じます。これが昔ながらのケーブルカーとフォードの自転車サービスが同居するシーンを作り出しているのかもしれません。