大都市圏ではあまり目にしない、地方で良く見る乗り物のひとつに乗合タクシーがあります。今年1月、石川県輪島市に行く際にこれを利用しました。輪島へは能登空港からアクセスしたのですが、羽田空港を朝出発する便の到着時間が9:50なのに対し、金沢からの高速バスは9:30、通常の路線バスは9:51発と、接続を考慮していないダイヤ設定なので、乗合タクシーを選びました。

IMG_9396

能登空港の乗合タクシー「ふるさとタクシー」は電話またはインターネットで、前日の17時までに予約が必要です。空港のウェブサイトでもこの乗合タクシーは紹介していますが、調べないまま空港に到着した人は、次の路線バスまで長時間待たされることになるかもしれません。もう少し柔軟な対応を期待したいところです。

39

興味深いことに、運賃は欧州の都市交通のようにゾーン制となっていました。輪島市中心部までは900円で、路線バスの590円より高くなりますが、距離は17.2kmなので通常のタクシーでは5000円以上掛かることになり、それより割安です。途中で降りる乗客がいなかったこともあり、所要時間は30分ほどでした。

このふるさとタクシー、運賃収入だけで経営が成り立っているわけではなく、国土交通省および石川県からの支援を受けています。これは多くの地方公共交通に該当することです。このブログで何度か書いてきたように、地方都市の公共交通を運賃収入だけで経営するのは無理があります。欧米は税金や補助金を前提にした運営が一般的であり、ふるさとタクシーが非難されるべきではないと思います。

IMG_8647

乗合タクシーは日本独自の乗り物ではなく、海外でも多く目にします。公共交通が発達していない都市や空港で見ることができます。米国の空港ではエアポートシャトルという名前で一般的な交通手段になっており、空港の到着ロビーでも予約できます。一方タイにはソンテウと呼ばれる乗合タクシーがあります。運転手に直接行き先を告げ、写真のようにピックアップの荷台に乗るスタイルです。

IMG_8720

これに近いサービスとしてライドシェアがありますが、ライドシェアは自分が乗り場に行く必要がなく、逆に車両が自分の元に迎えに来るという違いがあります。しかしライドシェア最大手のウーバーは最近、決められた乗り場に行ってもらうことにより、さらに割安な料金で移動できる「エクスプレスプール」を始めました。アプリの操作は既存のウーバーと同じであり、使い勝手の点で一日の長があります。

このように乗合タクシーは過疎化が進む地方のための乗り物ではないと考えます。東京都内でタクシー相乗りの実証実験が始まったことでも分かるように、タクシーの進化系のひとつだと思います。それだけに気になるのは既存のマイクロバスなどの流用が多いことです。ユニバーサル性を考えれば床が低くステップなしで乗れる車両が欲しいところです。同時にコネクテッド機能を充実させれば、さらに便利な乗り物になるでしょう。