トヨタ自動車が来年から、サブスクリプションサービス「KINTO」を始めると発表しました。サブスクリプションを日本語に直せば「定額制」となるでしょう。携帯電話料金や音楽配信サービスでは以前から一般的でしたが、モビリティの世界では最近になって注目が集まっているようで、今週ラジオ番組で紹介したほか、インターネットメディアで記事にもしました。そこで今回はこのテーマを取り上げたいと思います。
新車購入やカーシェアリングなどとの違い
ReVision Auto & Mobilityのサブスクリプションの記事=https://rev-m.com/mobility/subscription20181205/

交通の世界で定額というと、鉄道やバスの定期券を思い出す人がいるかもしれません。しかし定期券は1日の利用機会が行き帰りぐらいであり区間も決まっています。現在サブスクリプションと呼ばれるものは、もっと範囲が広く自由に使えるものを指すものであると認識しています。

モビリティの分野ではこのブログでも紹介したフィンランドのMaaSアプリ「Whim(ウィム)」が代表格でしょう。Whimは経路検索や事前決済といった、それ以前から一部で実現していたスマートモビリティのサービスに加え、1か月ごとの定額メニューを用意したことが斬新で、現時点でMaaSアプリの最高ランクに位置付けられています。

Whim3つのメニュー

一方自動車の分野ではトヨタに先駆けて、中古車買取のガリバーで有名なIDOM(いどむ)が中古車を用いたサブスクリプションサービス「NOREL」をWhimと同じ2016年からスタート。今年からは新車のBMWとミニもラインナップに加えました。米国ではいくつかのブランドが新車で展開を行なっており、今年ドイツのプレミアムブランド、ポルシェが参入した際には話題になりました。

ポルシェパスポート

どちらも多種多様な選択肢の中から、ユーザーが自由に選んで自由に使えることが魅力となっているようです。ただし公共交通と自動車とではプロセスが違います。前者はルートが選択肢となり、速さ重視か環境重視かなどによって結果が異なってきます。後者は目的や用途に合わせてどんなクルマを選ぶかが分かれ目になります。さらに新車サブスクリプションでは魅力的な新車を短期間で乗り換えできることも魅力に数えられるでしょう。

ただこれは他の業界のサブスクリプションにも言えることですが、自分にとって得か損かは冷静に判断したほうが良いと思います。Whim Unlimitedは月額499ユーロ、ポルシェは安いほうでも2000ドルです。ヘビーユーザーでなければ元は取れないでしょう。インターネットメディアに数字の比較を載せてありますが、週1回レベルならWhimであれば一時利用(Whim To Go)、自動車ではカーシェアリングのほうが妥当だと考えます。

2018-12-08 22

サブスクリプションメニューがない時代、自動車においては所有かシェアかの比較をよく見かけました。カーシェアリング大手タイムズカープラスのウェブサイトには料金シミュレーションがあるので、気になる方は試していただければと思いますが、月20回・1回4時間利用で所有と同等になり、それ以下ならカーシェアリングのほうが割安になるそうです。

IDOMではサブスクリプションについて、自家用車とカーシェアリングの中間的存在としています。そのとおりだと思います。他のモビリティにも言えることですが、トレンドだからと安易に飛び付くのではなく、自分の移動をしっかり見つめたうえで、もっとも適したサービスを選んでほしいと思います。サービスが多様化しているからこそ、ユーザーの選ぶ目が大事になってきていると考えています。