先日、東京都内のバス停でバスを待っていた際に、こんな張り紙を目にしました。減便のお知らせです。自分が乗る路線ではなかったのですが、気になって表示をさらに見ていくと、現状でも1日12便、1時間1便だったものが、減便後は半分の6便に減り、日中はバスが走らなくなってしまうことが分かりました。

IMG_7105
IMG_7109

下の写真がこの系統のバスです。他の多くの路線バスとはやや違う、公共交通空白地域を含めた住宅地帯を縫いながら走り、高齢者会館や特別支援学校などを巡っています。便がなくなる昼時にバス停を訪れると、数人の利用者がおり、バスの車内にも乗客が確認できました。利用者の減少だけで減便に至ったわけではなさそうです。

IMG_7388

気になって京王バスのウェブサイトを見ると、何度か利用したことがある渋谷駅と初台駅を結ぶ路線が運行終了というお知らせがありました。渋谷駅と初台駅の間はほかにも路線がありますが、この路線は一部で細い道を経由しているので、沿線住民にとっては唯一の公共交通になります。なによりも渋谷駅を発着するバスが運行終了というのは衝撃的です。

夕刻に初台駅バス停を訪れると、10人ほどの利用者がバスに乗り込んでいきました。ウェブサイトには利用客が減少し路線の維持が困難という、地方のバス路線を思わせる言葉が並んでいましたが、運転士不足も理由ではないかと、2つの路線を見て感じました。

IMG_7416

東京23区内を走る他のバス事業者のウェブサイトを見ると、多くは時刻変更とあるだけでしたが、ツイッターでは減便という書き込みがいくつか見られました(正直に減便に言及した京王バスは立派だと思います)。人口集中で需要が安定していると思われている東京23区内でさえ、こうした問題が起こりつつあります。地方であればマイカーへの転換を考えるかもしれませんが、23区内は駐車場代が高くマイカー所有も困難です。

IMG_7419

渋滞もある道路を、路上駐車車両を避けながら、乗客の安全快適を第一に走行し、停留所との間隔が小さくなるように停め、両替を含めた運賃収受のみならず行き先案内も行う。路線バス運転士の業務が大変であることは端で見ていても分かります。やはり自動運転の導入による負担軽減をいち早く推し進めるべきではないかと感じています。従来はまず地方からと考えていましたが、今回の状況を見て、全国的に自動運転による移動サービスの導入が待ち望まれていることを思い知らされました。