今週は経済産業省が主催した「多様なモビリティの普及促進のための展示・試乗会」に参加してきました。報道関係者向けなどではなく、あくまで一般向けの会で、ウェブサイトで情報を知ったので一般人として申し込み、経済産業省中庭の駐車場に用意された会場に向かいました。

IMG_9329

なぜ経産省がこのような場を設けたのか。6月18日に政府が開いた「昨今の事故情勢を踏まえた交通安全対策に関する関係閣僚会議」が大きいでしょう。このブログでも一部を取り上げた痛ましい事故を受けての国の動きの一環ではないかと考えています。

IMG_9310

この会議で世耕経産大臣は、安全運転サポート車の普及、新たなモビリティサービスや自動運転の社会実装、多様なモビリティの普及促進などに取り組んでいきたいとし、高齢者の移動を伴う日常生活を免許の自主返納後も含めて着実に支えていくためには、移動に関する多様な選択肢を用意することが重要と発言しています。ここでいう多様な選択肢を知ってもらうことが会の目的だったと想像しています。

スクリーンショット 2019-07-06 14.12.22

上が当日参加した車両です。プチモーターショーと呼びたくなる状況だったことがおわかりでしょう。当日お会いした自動車メーカーの担当者も、「こんなに多様な車両が一同に会する場は経験がない」と話していました。しかも表に書いてあるとおり、ほとんどが試乗可能でした。多くのモビリティの乗り味をその場でチェックできるという点では、モーターショー以上だったかもしれません。

IMG_9307

さらに当日は、当初のプログラムにはなかった世耕大臣が飛び入り参加し、超小型モビリティや電動車いすなど数台を試乗しながら開発者と意見を交わすという光景も見られました。モビリティを知るには実際に使ってみるのがいちばんであることは、私もジャーナリストとしての業務で感じていることであり、大臣の行動には共感を抱きました。

07061256

これまで触れたことのない車両をいくつか試し、会場を訪れた他の方が乗る様子を見ながら思ったのは、日本はスモールモビリティにおける先進国のひとつであるということです。ハードウェアがこれだけ充実しているわけですから、あとはソフトウェア、つまり多くの人が使いやすいルールを確立し、インフラを整備すれば、モビリティの多様性は少しずつ浸透していくのではないかと感じました。

07061300

今年秋に開催される東京モーターショーでも、このような場を設けてほしいものです。次回のモーターショーは、会場としてきた東京ビッグサイトの一部が東京五輪パラリンピック関連で使えない関係で、お台場地域のいくつかの施設を用いた分散開催となるそうです。会場間の移動などにこのようなモビリティを活用できれば、これまでと違ったモーターショーの楽しみが提供できるのではないでしょうか。

0706132712

数年前にトヨタ自動車の超小型モビリティ「i-ROAD」に1カ月乗った経験から言えば 、この種の乗り物は子供を筆頭に、想像以上に多くの人が注目してくれます。社会課題に真摯に向き合っているのもこうした乗り物たちです。日本の得意分野であるスモールモビリティ、今回の経産省の展示試乗会がきっかけとなって、普及が進んでいくことを期待します。