ひさびさにグッドデザイン賞を取り上げます。審査委員を務めさせていただいている2019年度グッドデザイン賞およびグッドデザイン・ベスト100が10月2日に発表されました。私たちが担当するモビリティユニットからは48対象がグッドデザイン賞を受賞し、うち5つがベスト100に入りました。

具体的には、フィンランドのSensible 4と良品計画が共同開発した自動運転バス「GACHA」、 西武鉄道の特急車両「Laview」、瀬戸内海汽船のカーフェリー「シーパセオ」、フィンランドMaaS GlobalのMaaSプラットフォーム「Whim」、アイシン精機とスギ薬局が提供するデマンドバス「チョイソコ」となります。

19G090675_01_880x660

5件中2件にフィンランドが関わっており、今のモビリティシーンでこの北欧の国が重要な位置を占めていることを教えられるとともに、ものづくりではなくサービス分野から2件選ばれていることも目を引きます。
1553148142
Whimは何度か紹介しているのでチョイソコについて説明すると、愛知県豊明市で展開する高齢者はじめ交通弱者のためのデマンド交通で、親しみやすい名称や電話申し込みという手段に高齢者への配慮を感じる一方、走行経路はデジタル技術を活用して最適ルートを選び、停留所に登録された薬局や医療機関、金融機関などがスポンサーとして運営を支えるというパッケージであり、今後全国展開を予定しています。

2019-05-04 6.29.37

やはり以前取り上げたGACHAも、乗務員がいない無人運転シャトルであり、移動販売なども想定しているので、アプリなどによるサービスは必須になります。Laviewとシーパセオは純粋な乗り物としての受賞ですが、前者は大きな窓や優しさを感じる内装、後者は多様な過ごし方ができるゾーン分けなど、スピードなどの機能面より移動の心地よさを重視しており、モノだけでなくコトにもこだわったと言えます。

IMG_0651
IMG_0810

この傾向は今年始まったことではなく、2013年度にはタクシー配車アプリ、2015年度には道の駅、2017年度には全国路線バス情報などがありました。モビリティ=ものづくりと捉える人も多いですが、近年は他の分野同様、ものづくりだけでは問題解決できない事例が多くなっています。そのためにサービスやビジネスの分野まで含めてデザインすることが重要になっているという流れを認識しました。



今年度のグッドデザイン賞の結果は、10月31日から11月4日まで東京ミッドタウンで開催される「2019年度グッドデザイン賞受賞展」で見ることができます。初日の31日には金賞などの特別賞が発表されるとともに、審査委員・受賞者・来場者の投票でグッドデザイン大賞が決まります。入場無料なので、ご興味のある方は足を運んでみてください。