台風19号が日本に上陸して1週間経ちました。被害に遭われた方々には、この場を借りてお見舞いを申し上げます。それにしても去年の21号といい、今年の15号といい、最近強烈な勢力のまま日本列島を直撃する大型台風が目立ちます。その理由として多く目にするのが、日本列島周辺の海水温上昇です。

Maru380
国土交通省国土地理院のウェブサイト = https://www.gsi.go.jp/BOUSAI/R1.taihuu19gou.html

昔は多くの台風は日本列島に近づくと勢力が衰え、偏西風に流されて東寄りに進路を変えていくことが多かったと記憶しています。海水温が高いので勢力が衰えず、勢力が衰えないので偏西風に流されず、日本列島を直撃することが多くなったそうです。これまで日本は海面上昇や氷河の消滅など、海外に見られるような明確な温暖化の影響はほとんどありませんでした。しかし最近の台風を考えると、やはり温暖化が影響していると思っています。

温室効果ガスの代表格であるCO2は、国土交通省によれば我が国の運輸部門の排出量は産業部門に続いて多く、17.9%となっています。このうちバスやタクシー、二輪車を含めた自動車の比率は86.2%に上ります。これまでも自動車メーカーは温暖化対策に熱心に取り組んできましたが、さらなる対策が必要となりそうです。それとともにモーダルシフト、つまり自動車から他の輸送方法への転換を積極的に考えていく必要があると思いました。
001285409
国土交通省のウェブサイト = https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/environment/sosei_environment_tk_000007.html

最近欧州で使われるようになった言葉のひとつに「Flygskam(フリュグスカム)」というスウェーデン語があります。日本では「飛び恥」などと訳されているようですが、世界的に気候変動が目立つ中、CO2を多く排出する飛行機の利用を恥じ、なるべく環境に優しい鉄道を多用しようと訴える運動です。ただしこうした動きは最近始まったわけではなく、欧州ではかなり前からありました。

たとえばフランスでは、高速鉄道TGVがオイルショックの影響でガスタービンカーから電車に切り替えた経緯もあって、当初から環境に優しい乗り物と位置づけられ、鉄道も飛行機も国営事業者ということもあり、多くの国内航空路線がTGVに転換。国内エアラインのAir Interは消滅しました。ドイツなどでも同様の取り組みを行っています。高速鉄道が国際空港に乗り入れる例も欧州では多く、陸と空で争うのではなく、協力によって高効率な移動を提供しようとしていることがわかります。

IMG_4946

もちろん飛行機が環境対策を怠ってきたわけはなく、日本でも最近就航したエアバスの最新鋭機A350では、従来の飛行機よりCO2排出量、燃費、運航コストの25%削減を実践したそうです。しかし同様の取り組みはもちろん他の輸送機器でも行っており、たとえばJR東日本のCO2排出量はハイブリッド気動車や蓄電池式電車などの投入により、全国平均の約6割に過ぎないうえに、使用電力の23%は自社の水力発電で賄っているとのことです。

Delivery of Japan Airlines’ first A350 XWB-2

今回の台風では北陸新幹線が大きな被害を受けたことが話題になりましたが、JR東日本による復旧作業が進み、25日から運転を再開すると発表しました。関係者の努力には頭が下がります。現在は羽田と富山・小松空港を結ぶ航空便の機材大型化などで対応しているそうで、こちらもありがたい配慮ですが、欧州の動きに照らして考えれば、運転再開後は新幹線を選ぶのが一般的になりそうです。

それよりも気になるのは、我が国では長距離移動の多くが高速バスによって賄われているという現状です。上のグラフにあるように、バスは飛行機よりはCO2排出量が少ないですが、鉄道に比べればはるかに多いうえに、安全性も鉄道のほうが上だからです。

IMG_8076

鉄道だけを残して飛行機やバスを廃止せよというつもりはありません。可能な限り多様な選択肢を用意することも大事です。ただ日本人は移動において、速さや安さを必要以上に優先しがちだと思っています。多くの人々が台風被害を受けた今、災害対応という意味を込めて、いま一度環境に優しい移動を考え直してみてはいかがでしょうか。同時に新幹線については単なる高速移動体ではなく、飛行機や高速バスに匹敵する付加価値を盛り込み、速さ以外でも積極的に選びたくなる内容となることを望みます。