車いすの自動運転。一昔前までは想像すらしなかった技術が、国内で相次いでテストを始めています。10月9日から11月28日まで、ANA(全日空)とパナソニックが成田空港で自動追従電動車いすの実証実験を始めたのに続き、羽田空港では11月2日と3日、JAL(日本航空)とWHILLによる試験走行が行われています。後者に取材に行ったので、その模様を報告しつつ、車いすの自動化について記していきます。

IMG_1139

2つの実証実験は、電動車いすの自動化という点では共通していますが、内容はやや違います。前者はターミナルでの国際線から国際線への乗り継ぎ客に提供するもので、自動追従と書いたように、高速道路上で実証実験を進めている大型トラックの自動追従走行に似たものです。後者はターミナルで保安検査場通過後の利用者に電動車いすを貸し出し、搭乗口まで行って役目を終えると自動で貸し出し位置に戻ってくるというものです。
 
空港ターミナルは移動距離が長いことが多く、JALによれば羽田空港第一ターミナルは全長約800mで、利用者の約半数は長距離移動ができないそうです。つまり日常生活で車いすを使っていない人でも、空港ターミナルでは車いすが欲しいという人が多いのです。こうした利用者の移動を助けるとともに、電動化によって介助者を不要とすることで精神的なストレスフリーを実現。合わせて空港管理者にとってのコスト削減を狙うために、今回の試験を行ったそうです。成田空港の場合も状況は似ていると想像しています。

IMG_1142

今回取材したWHILLの自動運転車いすは、左右のアームレストの先に1組ずつのステレオカメラを使用しており、座席にはシートベルトが付いていました。車いすの直前約1m以内で歩行者が横切ったりすると、アームレスト先端のステレオカメラ周囲のインジケーターが青から赤に変わり停止。左側のアームレストに装着されているモニターにも緊急停止という表示が出ます。

行きは通常の電動車いすとして移動します。ここを自動としなかったのは自由な移動を提供するためとのことです。今回の試験走行中は地上係員などがついていくことになっていました。最高速度は電動車いすの制限速度である時速6kmの半分になる時速3kmで、羽田空港第一ターミナルは出発と到着の利用者が混在することを考慮して、ゆっくりに設定したそうです。

IMG_1188

利用者が搭乗口近くで降りた後の自動運転は、オペレーターがタッチパネルを押すと動き出し、所定のルートを通って貸し出し場所まで自動で戻ります。今日は土曜日ということで空港利用者が多く、最初は人の多さに戸惑っていたようでしたが、状況が把握できると動き出し、人の手を一切借りずに貸し出し場所まで帰っていきました。

本格サービスは成田空港・羽田空港ともに2020年度を目指しているそうです。一方WHILLでは羽田以外にオランダのアムステルダム・スキポール、英国ロンドン・ヒースロー、米国ダラス・フォートワースなどでも同様のサービス導入を進めているそうで、空港以外では病院や美術館、遊園地などで同様の展開を目指しているとのことでした。

スクリーンショット 2019-11-02 16

ちなみに成田空港で使用するのはパナソニックとWHILLが共同開発した「WHEEL NEXT」とDoogが開発した「Garoo」で、羽田空港ではWHILLが独自開発した自動運転車いすを使います。いずれも日本製であり、世界屈指の高齢化社会である我が国が、車いすの自動化でも最先端にあることが分かりました。日本ならではのおもてなしをハイテクによって世界にアピールできる分野でもあり、今後の展開に期待を抱きました。