JR東日本が2月1日、新宿駅に新型自動改札機を導入しました。先日、新宿駅を使う機会があったので利用してみました。写真のようにタッチする部分が傾いているのが特徴で、近い将来MaaSアプリなどのQRコードにも対応するそうです。使いやすさを考慮した結果角度をつけたとのことで、小柄な方や車いす利用者にとってはありがたい配置かもしれません。

IMG_2556

ただ自分自身は、すごく使いやすくなったとは感じませんでした。理由はすぐに分かりました。左利きだからです。感覚に秀でた左側にあれば優劣が判断できたかもしれませんが、そもそも右手で自動改札機にタッチすることは不便だと感じていたので、その気持ちを覆すほどのメリットは感じなかったのです。

IMG_2623

左利きはスポーツの分野では重宝されることもあります。それゆえかバッティングセンターやゴルフ練習場は左用打席を用意しています。文房具の一部には左利き用があり、事務所にはハサミなどがあります。鉄道の改札口も、係員がいた時は両側の乗客をさばいていたこともあり、定期券は見せるだけでした。自動改札になって左利きのデメリットを感じるようになっています。

自動車では日本の左側通行・右ハンドルは右利きに向いていると感じています。運転席のドアを開けるのは右手ですし、ひんぱんに使うウインカーレバーはステアリング右側です。マニュアル車のシフトレバーやインパネ中央のオーディオなどは左手操作ですが、有料道路や駐車場の料金支払いのほうが遠いので大変です。こちらも自動化で不便になったと感じています。逆に右側通行・左ハンドルの欧州大陸などではとても楽に感じます。

IMG_2620

左利きの比率は多くの国で10%ぐらいと言われています。にもかかわらず交通分野の自動化ゲートが右利き専用であることに不満を述べる人はほとんどいません。左利きは昔から存在しており、日本では右利きに直す、海外では両利きにするという習慣があったためもありますが、左手を使えば同等の動作はできるので障害者ではないし、10分の1しかいないので多数派を尊重しようという気持ちが自分にはあります。

パリトラム1のコピー

とはいえユニバーサルデザインという観点から言えば、利き手・利き足を問わない使いやすさが理想です。自動車の分野では、ETCや事前支払いなどでゲートの支払いは大幅に減少しています。鉄道は欧州のLRTなどで導入する信用乗車方式なら、端末がドア左右や車内の手すりなどにあるので、利き手の左右で不便に感じたりはしません。さらに少し前にこのブログで紹介した顔認証なら、利き手・利き足は関係ありません。顔認証はその点でも望ましいと思っています。