新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。モビリティ分野では毎年この時期に行われるジュネーブモーターショーが開催3日前になって突然中止になるなど、世界的に混乱が続いています。そんな状況下ではありますが今週、週刊東洋経済と東洋経済オンラインにカフェの記事を書いたので、今週はこのテーマを選びました。

IMG_7580

モビリティやまちづくりが専門の人間がなぜカフェの記事を書いたのか。それはカフェが人の移動に不可欠な存在であり、まちづくりの一部だと考えているからです。先週触れた「歩いて暮らせる街」という表現にあるように、都市内では乗り物を降りて徒歩移動となることが多く、歩き疲れれば当然休憩したくなるし、その街で他人と待ち合わせることもあるでしょう。さらに移動途中に仕事をこなしたい場合もあります。そんなときにまず思い浮かぶのがカフェです。

IMG_8431

カフェはたしかに飲み物を提供する場でもありますが、同時に時間と場所を提供する場でもあります。カフェ文化が発達した都市のひとつであるフランスのパリでは、「一杯のコーヒーで何時間粘れるか」というフレーズさえあります。なので飲み物や食べ物の味はもちろん、店のデザインや雰囲気など、長い間心地よく過ごせる空間も大事で、これもモビリティやまちづくりに通じる部分だと感じています。





そのためにはやはり、個性的な独立店は重要な存在ですし、チェーン店であってもその土地に合ったデザインが欲しいところです。写真で紹介するのはスイスのシオン、米国ポートランド、我が国の東京新宿と富山のカフェです。いずれも周囲の風景や都市のキャラクターに配慮しつつ個性を表現したつくりで、街の名脇役と言える存在感を放っていました。

IMG_2599

さらに言えばこの4つのカフェは、公共交通で簡単にアクセスできます。シオンは無人運転シャトル、ポートランドではライトレールが背後に映っていることがお分かりでしょう。富山のカフェがある公園は富山駅から自転車をシェアして数分、新宿は駅西口からすぐの場所にあります。逆にマイカー移動なら車内でコーヒーを飲めますし打ち合わせもできるので、カフェの存在感は薄くなります。公共交通にとって大切なパートナーでもあるのです。

IMG_1394

今は世界各地で外出を控える状況にあり、カフェに積極的に足を運ぶような雰囲気ではなく、営業する側は大変な状況であることが想像できます。だからこそ感染が収束したら、またひんぱんに利用していきたいと考えているところです。またこれからモビリティやまちづくりに関わる人には、ぜひカフェの存在も頭に入れていただきたいと思っています。