今回は新型コロナウイルス関連の話題から少し離れて、日頃から気になっていることを書きます。それはタクシーについてです。このブログでタクシーについての話題というと、多くは今後の日本の地域交通で必要不可欠になるであろう地域が移動を支える仕組み、つまり自家用有償旅客運送を含めたライドシェアに異を唱え続ける態度に関するものでしたが、今回は違った部分にスポットを当てます。

IMG_2151

上の写真を見ていただければ今回の趣旨が想像できるのではないかと思います。横断歩道の直前でタクシーが乗客を降ろしたことがわかります。道路のルールである道路交通法では交差点や横断歩道から前後5m以内、バス停留所の前後10m以内などは駐停車禁止となっており、これはマイカーだけでなくタクシーにも当てはまるので道交法違反になります。こうした事例をしばしば目にします。

このような事例が頻発する理由は2つあると考えています。ひとつはタクシーの利用者にあります。日本の義務教育では交通安全を学ぶ科目がありません。任意の交通安全教育はやっているところが多いですが、ほとんどは歩行者や自転車目線であり、道路や車両全般についてのルールは多くが運転免許を取得する際に初めて教わることになります。つまり免許を取らない人は道路のルールをあまり知らずに道路を使っていることになります。

海外の例としてフランスを挙げると、フランスでは義務教育に交通安全の科目が用意されており、小学校と中学校でそれぞれの段階の交通安全証明書というものが発行されます。中学校の交通安全証明書がないと運転免許が取得できないそうです。フランスでは14歳から超小型モビリティに運転免許なしで乗ることができますが、実際はこの交通安全証明書を取得していることが前提になっているようです。

86983091_1939375789526429_7802494527742148608_o

さらにフランスの交通安全協会と自動車メーカーのルノーが運営する財団では共同で交通安全のウェブサイト「ROAD4US」を立ち上げており、歩行者から運転者まで道路を利用するすべての人が簡単に交通安全を学べるよう、シンプルかつアクセシブルなイラストを用意。教育者や団体などが無料でダウンロードし自由に使用可能となっています。交通安全に年齢や文化、教育レベルは関係ないというメッセージが伝わってきます。

運転免許の有無を問わず交通安全教育を行う仕組みが整っていれば、冒頭の写真のように横断歩道の近くで乗り降りしようとする乗客はいなくなるはずですし、仮にそのような要望を出す乗客がいたとしても、その人は交通違反を幇助しようとしていることになるので、運転手の判断で安全運転を優先した乗せ方、降ろし方をしても問題はないと予想しています。

タクシーの運転手にも課題はあると考えています。写真は反対側に利用者を見つけてUターンしたものの曲がりきれず、切り返しをしているシーンです。最初からUターンを考えていれば十分転回可能な道幅です。これに限らず突然速度や進路を変えるタクシーが多く、同じ道路利用者として肝を冷やしたことが何度もあります。自身と乗客のことだけでなく道路全体を見て運転に努めてほしいものです。
 
IMG_1664
 
最近は日本でもウーバーに範を取ったタクシー配車アプリの導入が進んでいます。出発地と目的地をあらかじめ設定するこうしたアプリが一般的になれば、利用者を乗せたり降ろしたりするために突然速度や進路を変えることは少なくなりそうです。ただ日本はモビリティ分野に限らず、デジタル化に消極的な層が一定数おり、こうした層への配慮のために進化が滞りがちであるのは歯痒いところです。