今週は北海道や東北・北陸で12月としては記録的な大雪となり、関越自動車道で長時間の立ち往生が発生するなど、交通も大きな影響を受けました。大雪の原因として、この時期としては強い寒気が上空に流れ込んだことに加え、日本海の海水温度が平年より1〜2度高いことも挙げられています。水温が高いので海水が蒸発しやすくなり、雪雲が発達したとのことです。

海水温度の上昇は、昨年夏に台風が勢力を弱めないまま相次いで日本列島に上陸し、大きな被害をもたらした原因のひとつでもあったことを思い出します。日本政府は10月、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを目標に掲げました。この発表については賛否両論ありますが、いままで以上に異常気象が頻発している以上、1人ひとりが地球に優しい生活を心がけることが大切だと改めて思いました。

IMG_0243

そんな中で運転を続けていたのが新幹線です。このブログを書いている19日夜も、上越新幹線や北陸新幹線をはじめ全線が時刻通りに運行しています。在来線で長年大雪の影響を受けてきた経験を生かし、人・車両・インフラのすべてにおいて最大限の対策を行ってきたことが効果を発揮しているのでしょう。

IMG_9046

高速道路もインフラについては新幹線並みの設備が可能かもしれません。しかしドライバーや車両の冬装備は各自に任されています。特にトラックは空荷の状態では接地力が確保できないのでスタッドレスタイヤだけでは駆動力が不足気味で、チェーンを装着しないと発進や登坂ができない場合がありますが、関越自動車道の関越トンネル内はチェーン禁止となっていることから、万全な対策をせずに走っているドライバーがいると想像しています。こうした状況では新幹線並みの運行は到底無理でしょう。

新幹線が新型コロナウィルスの影響を受け、乗車率が低迷していることは以前も紹介しました。あのときは個室を提案しましたが、物流を担当してはどうかとも思っています。日本の物流におけるトラックの分担率はなんと91%(トンベース)。今回のような立ち往生が発生すると、物流のほとんどがストップしてしまいます。しかも立ち往生の間エンジンは回し続けており、環境面でも好ましくありません。それなら速くて正確な新幹線に物流の一部を担ってはどうかと考えるのが自然ではないでしょうか。

IMG_0231

そう思った理由のひとつはJR東日本が昨日、来年3月のダイヤ改正に関連して、現在唯一の2階建て新幹線であるE4系を来年秋までに引退させると発表したからです。最高速度が他の形式より劣ることなどを理由に挙げているそうですが、貨物列車であればさしたる欠点とはならず、大きな車内空間は貨物輸送に適したパッケージングになり得ると思っています。

もちろん旅客から貨物への転換に際しては車両の改造だけでなくインフラの整備も行う必要がありますが、新規に車両を開発するよりはコストが抑えられるはずです。物流の安定化はもちろん、モーダルシフトとして環境対策にも寄与するでしょう。トラック1本足打法と言える現在の日本の物流体制の改革案のひとつとして提案したいと思います。