日本で新型コロナウィルスの感染者が確認されてから1年が経過しました。多くの方が生活や仕事などに影響を受けたことでしょう。私も例外ではなく、とりわけ多くの方にひとつの場所に集まっていただき開催する講演、フォーラム、セミナーはキャンセルとなったり、オンラインイベントに切り替わったりということの繰り返しでした。

しかしながらウィズコロナに対応した新しい形でのイベント実施も各所で模索されています。そのひとつが、群馬県の前橋市まちづくり公社主催で年に2回行われている「まちづくり講演会」で、3月11日に第5回を開催することになりました。その場でひさしぶりに、みなさまの前でお話させていただく機会をいただきました。

まちづくり講演会チラシ

テーマはパンフレットにあるとおり「MaaSで地域は変われるか」です。コロナ禍で移動そのものが制限を受ける中、MaaSも一段落と思っている人も多いかと思います。たしかにテレワークの普及で移動者が激減した大都市、インバウンド需要が皆無に近くなった観光分野については当てはまりますが、地方においてはむしろ逆ではないかと考えています。

地方は第一次・第二次産業の比率が高くテレワークが難しいという事情もあり、移動者はさほど減っていません。しかも高齢化社会の中で運転免許返納は進んでおり、マイカーに代わる移動手段の確保は急務です。さらに東京から脱出し、地方に移住する人が現実に増えており、受け皿となる地方都市にとって安全で便利な移動を提供することが重要になっています。

IMG_4958

また移動そのものを制限するという感染初期から、現在は経済活動との両立という観点から、感染に気を付けながら移動するという段階に入っており、公共交通や商業施設などの混雑状況を利用者に伝えて移動の分散化を促すという、新しい役目もMaaSには加わりつつあります。

こうした状況は自分自身も感じているところで、各地の地方型MaaSの最新状況をオンラインで収集するとともに、感染に気を付けながら現地に足を運んでもいます。このあと自動運転バスの実証実験を行う前橋にも事前視察に行きます。講演会ではこうした事例を取り上げながら、ウィズコロナ、アフターコロナでの地域社会にはどのようなモビリティサービスが必要かを紹介したいと考えています。

IMG_4955
申し込み方法などはこちらをご覧ください→https://www.maebashi-cc.or.jp/machinaka/

今回の講演会は、感染拡大防止の観点から、会場定員は40名に限定し、それ以外に100名の方がオンラインで参加していただく形を取っています。もちろん今後、感染状況に応じて開催手法を見直す可能性はあります。そのためにも感染拡大が抑えられ、参加を希望する方々と直接お会いすることができればとと願っているところです。