3年ぐらい前から日本でも注目され始めたMaaS。経済産業省と国土交通省が実証実験への支援を行うスマートモビリティチャレンジは、新型コロナウイルスの感染が拡大した今年度も実施されており、着々と展開が進んでいることを実感しますが、一方でいまだにMaaSがどんなものかわからないという声も聞かれます。

MaaSの定義は、2015年のITS世界会議で設立されたMaaSアライアンスなどがきちんと示しています。しかし日本では一部の事業者やメディアがこれをビジネスチャンスと捉え、モビリティだけでは儲からないので商店や住宅などまでMaaSの一部という扱いを始めたことが、MaaSを分かりにくいものにしてしまった原因だと考えています。

IMG_3346

それはむしろスマートシティに近いわけであり、スマートシティという言葉が一般的になっていくにつれ、彼らは看板を架け替えていきました。個人的には騒ぎが収まった今こそ、MaaSへの理解を深める好機であると考えています。その点で注目したいのが、来週講演を持たせていただく群馬県前橋市であることを、講演に先立ち現地を事前視察して感じました。

前橋市では国土交通省「令和2年度日本版MaaS推進・支援事業対象地域」の採択を受け、昨年12月21日から今月12日まで、前橋版MaaS実証実験として「MaeMaaS(まえまーす)」を実施しています。まず目立つのは青猫のキャラクターです。猫ブームなのでこのキャラクターにしたわけではなく、前橋市出身の詩人、萩原朔太郎の詩集のタイトルから取ったそうです。

IMG_8204

さらに市役所やJR前橋駅には、MaaSへの理解を求めるコーナーも設けられており、前橋市が本気でMaaSを根付かせようとしていることが伝わってきます。名前のMaeMaaSも、前橋のMaaSであることを分かりやすく示すと同時に、交通改革を前へ回す、前進させていくという意味も込めているとのことです。

MaeMaaSの特徴として、JR東日本の「ググッとぐんMaaS」をベースとして前橋市民向けのサービス提供を行うとともに、新たな移動手段を導入していることがあります。すべてを自分たちで手掛けようとせず、大企業が確立したシステムを利用したうえで最適化を図るという手法は、コストを抑えられるだけでなく信頼性の面でも好ましいものです。

IMG_8181

もうひとつの特徴は、市民の利用を識別するためにマイナンバーカードとの連携をしていることです。今後マイナンバーの機能が運転免許証などさまざまな分野に広がっていく中で、いち早くMaaSとの連携を果たしたことも評価できます。しかもマイナンバーを取得していない人のために、市役所には特設の窓口が設けられており、普及への熱意が感じられます。

一連の取り組みは、国内で見てきた実例の中でも、高いレベルにあると評価できるものです。その中で11日(木曜日)に予定どおり講演を行うことになりました。開催前日まで申し込みを受け付けているとのことなので、興味のある方は参加していただければと思います。当日は前橋市の方から、MaeMaaSについての解説もあるそうです。会場あるいはオンラインでお会いできることを楽しみにしています。