2022年も3ヶ月が経過しました。この間のモビリティ分野での話題のひとつに、ソニーグループの動きがありました。まず1月に米国ラスベガスで開催したCES(家電見本市)で、2020年に続いて2台目となる電気自動車のコンセプトモデルを公開するとともに、新会社ソニーモビリティの立ち上げをアナウンスすると、3月には本田技研工業(ホンダ)との間で戦略的提携に向けて基本合意しました。

IMG_5825

この2つの出来事について、インターネットメディア「ビジネス+ IT」で記事を書かせていただきました。興味がある方はお読みいただければと思いますが、まず私は1月の発表を聞いて、ソニーは自分たちだけでゼロから自動車を開発するわけではなく、既存メーカーなどと組むだろうと予想していました。




自動車産業は長年、垂直統合型のものづくりが主流でした。これからもその手法は残るでしょう。しかしソニーも関わるICTの分野では、水平展開のものづくり、自社工場を持たないファブレス方式などが一般的になりつつあり、近年は自動車業界にもそれが浸透しつつあります。

たとえばグーグルの自動運転部門が独立したウェイモは、当初こそ車両も自社開発しようとしましたが、その後は既存の自動車メーカーの車両に自動運転技術を搭載し、自動運転タクシーの商用運行などに発展しています。車両はクライスラーやジャガーなどが使われているようですが、多くの人は「ウェイモの自動運転車」と呼んでいます。ソニーもこのスタイルを目指すものと思われます。

ソニー ヤマハSC1
SC-1共同開発についてのヤマハ発動機のニュースリリースはこちら

しかもソニーにはモビリティ分野での経験があります。ヤマハ発動機と共同開発したソーシャブルカート「SC-1」、タクシー配車アプリ「S.RIDE」、ニューステクノロジーとの連携による車内および車窓サイネージサービス「GROWTH」「Canvas」などです。ホンダが初の提携相手ではないわけです。さらに言えば、イメージセンサーは先進運転支援システム(ADAS)やドライブレコーダーでお馴染みになっています。

記事ではこれらが将来、ホンダとの連携で生まれる自動車などに搭載されるだろうと書きました。すると昨日、ソニーグループはソニーモビリティの設立を発表。モビリティ向けサービスプラットフォームの開発および事業化とともに、SC-1事業の展開、S.RIDEへのサポート継続を明記しました。現在のデジタル分野のものづくりなどを見れば、自分以外にもこうなるだろうと予想した人は多いはずです。

IMG_5861

昨日の発表で驚いたのは、事業展開の中に自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」が含まれていたことです。ゲームや映画、音楽とともに移動時間を盛り上げてくれる存在になるのか、高度なロボティクス技術を自動運転の移動サービスや物流サービスなどに発展させていくのか、興味が湧きます。

S02インテリア
ソニーモビリティ株式会社設立のニュースリリースはこちら

CESでの発表がコンセプトカーの公開を兼ねていたので、ソニーが自動車を作るという部分だけに注目する人もいたようですが、同社はもっと広い目でモビリティシーンを見ており、自分たちの技術を移動に役立てたいというメッセージを感じます。移動可能性というモビリティ本来の意味に近いビジョンであり、あらためて注目すべき会社のひとつであると感じました。