THINK MOBILITY

モビリティジャーナリスト森口将之のブログです。モビリティやまちづくりについて気づいたことを綴っています

コミュニケーション

講演・調査・執筆などのご依頼はこちらからお願いいたします→info@mobilicity.co.jp

「負の社会実験」を起こさないために

以前もお伝えしたとおり、今週は石川県金沢市の北國銀行本店でセミナーを担当させていただきました。参加者および関係者の皆様には、この場を借りてお礼を申し上げます。今回はセミナーの前後に、関係者の方々と何度か意見交換をする機会にも恵まれました。ここではその意見交換の中で出てきた、この言葉を取り上げたいと思います。

IMG_0637

交通分野ではこの言葉は、2000・2001年に福井県を走る京福電気鉄道越前本線が相次いで正面衝突事故が起こったことを受け、国土交通省から運行停止や事業改善が命じられたことを指します。京福電鉄は改善の余力がないとして、三国芦原線ともども廃止届を提出します。当時の福井では、鉄道はなくてもいいという考えの人もおり、反対意見はさほど目立ちませんでした。

ところが実際に鉄道が止まると、代行バスでは通勤通学客を運びきれないうえに、移動をマイカーに切り替えた人もいて、自転車が使えない冬季には道路はマヒ状態となり、多大な社会損失を招きました。福井駅周辺にはJR西日本以外に福井鉄道福武線も走っており、こちらは運行を継続していたので、多くの住民が鉄道の有無による明確な差を痛感したようです。

IMG_3979

そこで県では鉄道再生に向けて舵を切りました。京福電鉄の県内路線は第3セクターのえちぜん鉄道勝山永平寺線および三国芦原線として生まれ変わり、その後経営が厳しくなった福井鉄道も、同様の体制で再出発を図りました。さらに両鉄道ともに新設計の低床型車両が投入され、相互乗り入れも始まりました。おかげで減少が続いていた利用者は底を打ち、上昇に転じました。

IMG_3369

一連の話は福井の方からは聞いていましたが、金沢で耳にするとは思いませんでした。言葉の奥に、金沢を同じ状況に陥らせてはいけないという危機意識を感じました。この地域の鉄道やバスを運行する北陸鉄道は、北陸新幹線開業後の観光客増加で黒字経営が続いていたものの、新型コロナウイルス流行で状況が一変。現在の状況が続けば運行に支障をきたす恐れもあると危惧していたようでした。

負の社会実験を経験した福井、コンパクトシティの軸として公共交通を整備した富山と比べると、金沢はマイカーがあれば充分と考える人が多いとのことです。しかし高校生や高齢者など、公共交通を使う人は少なくないはずです。加えてコロナ禍が収束すれば増えるであろう国内観光客は、多くが鉄道や飛行機で石川県入りするので、そこから先は地域交通が頼りです。

IMG_2527

今回のセミナーには、こうした状況も関係していると感じました。理想を言えばやはり欧米のように、税金や補助金を主体とした運営体制への移行でしょう。しかし国のルールが急に変わることは望めないわけで、さまざまな知恵を絞って支えることが急務であり、そのひとつとしてMaaSを位置付けたことに好感を抱きました。北陸最大の都市が交通改革に目覚めるか。これからも興味を持って見守っていきたいと思っています。

金沢で地域交通のセミナーを担当します

今回はひさしぶりにセミナーのお知らせです。2月17日の14時から、石川県金沢市の北國銀行および北國総合研究所が主催し、北國新聞社の後援で開催される経営者セミナー 「MaaSが地方を変える ー地域交通を持続可能にする方法ー」で、講師として登壇することになりました。 場所は金沢駅西口駅前の北國銀行本店ビル3Fメインホール、参加は無料です。

272060839_2672041729593161_4618173241597567543_n

実はセミナーのタイトルは、昨年9月に発売した拙著とまったく同じです。北國銀行の方が「MaaSが地方を変える ー地域交通を持続可能にする方法ー」を読んでいただき、直接連絡をくださったことが、セミナーに結びつきました。出版社の了解ももらったので、このタイトルでの開催になりました。

スクリーンショット 2022-01-22 17.32.08


銀行が地域交通をテーマにするのは珍しいと思うかもしれませんが、地方銀行には地域経済の発展を後押しするという役目もあります。私もかつて、地方銀行協会の研修会でワークショップを開いた経験があります。とりわけ北國銀行はコンサルティング業務も積極的であるうえに、デジタルにも精通していることから、地域交通事業者にさまざまな形で支援や助言を行っているそうです。

IMG_2790

今週、北國銀行本店で事前の打ち合わせを行いました。北陸の地域交通というと富山県や福井県が取り上げられることが多く、石川県は輪島市のグリーンスローモビリティはあるものの、県庁所在地である金沢の交通改革はあまり目立たないという印象でした。しかしながら最近は、北國銀行をはじめこの分野に積極的な事業者のあと押しもあり、改革の機運が出てきたとのことです。

スクリーンショット 2022-01-22 17.32.24

申し込み期限は2月10日。経営者セミナーとありますが一般の方の参加も可能です。 新型コロナウイルス感染拡大中でもあり、開催方法は変更する場合もありますが、日時は確定しています。当日は出版後の最新情報の紹介、金沢の地域交通についての提案もできればと考えています。近隣の方々のご参加をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

「EVが好き」と言える世の中でありたい

先月から今月にかけて、電気自動車に関わる機会が二度ありました。ひとつは昔のフィアット500をコンバートした車両の試乗、もうひとつは日本EVフェスティバルで最新EVの同乗説明というものでした。このうち前者については、古いクルマを使ったコンバージョンEVの他の事例と合わせて、東洋経済オンラインに記事を掲載させていただきました。

500ev前バッテリー

ここでは電気自動車のことをEVと書きます。日本EVフェスティバルが今年で第27回ということでもわかるように、多くの人が電気自動車のことをEVと認識しているからです。一方海外では欧州委員会の7月の発表にあるように、EVは電動化車両全般を指す言葉でプラグインハイブリッド車や燃料電池自動車も含めるという意味への置き換えを進めており、それに従ってBEVと呼ぶ人もいますが、政治的な戦略に慣れ親しんだ表現が屈する必要はないので、EVという表現を使うことにします。



2つの事例を見て感じたのは、EVにもいろんなジャンルがあり、そのEVに興味を寄せる人もさまざまだということです。ジャンルは新車から旧いクルマまで、乗用車だけでなくトラックやバスもあります。取材したコンバージョン事業者は三者三様で、試乗会でお会いした合計14組の来場者は、学生もいれば自動車業界関係者もおり、EV初体験という人から所有している人まで、経歴はさまざまでした。

IMG_5073

しかし事業者にしても、来場者にしても、共通しているのは、EVに興味を持っていることです。興味がなければコンバージョンに手を染めないし、イベントには足を運ばないからです。最近のニュースでEVがひんぱんに取り上げられているためかもしれませんが、多くの人に注目されていることがわかりました。

IMG_5074

EVフェスティバルでは試乗の感想も聞きました。「速い」「静か」「滑らか」といった言葉が寄せられました。実際に所有するにはインフラの問題があるという人もいましたが、温暖化やカーボンニュートラルという言葉は聞かれませんでした。心のどこかにそういう意識はあるのかもしれませんが、逆に言えば、環境対策以外にもEVの魅力はいろいろあることが伝わってきました。

 

欧州がすべての新車乗用車をゼロエミッションとするのは、移動の多様性という観点からも反対です。現実に日本や米国、中国はそこまでの制限は設けていないので、欧州の主張は無視すればいいのですが、一部の人は欧州の挑発を正直に受け止め、EVそのものを非難するような言及が見られます。これもまた多様性に反する動きです。

IMG_5076

そもそも上に書いたように、日本にもEVに注目している人は少なからずいます。しかも実際に体験して、独特の楽しさに感心しています。移動することが楽しい。この気持ちは大事にしたいと感じました。モビリティの選択肢が広がった中で、それぞれの人が社会のために、ひとつひとつの移動を考え、それによって社会全体が良い方向に進んでいけばいい。そう思ったのでした。

地方のMaaSへの挑戦を本にしました

今日9月25日、自分にとって11冊目の書籍が発売になりました。「MaaSが地方を変える〜地域交通を持続可能にする方法」(学芸出版社)です。一昨年の「MaaS入門」、昨年の「MaaSがまるごとわかる本」に続き、3年連続でMaaSがテーマの書籍を出させていただいたことになります。関係者の皆様には、この場を借りてお礼を申し上げます。

IMG_4846

本書を執筆するきっかけは、新型コロナウイルスでした。海外へ行けなくなり、国内も外出機会が激減しました。それは多くの人に共通することで、公共交通が大きな打撃を受けているという話が耳に入るようになりました。しかし、たまに仕事で地方に出かけると、東京ほどはコロナの影響は受けておらず、感染に気をつけながら日々の生活を営む、ウィズコロナの生活が軌道に乗っていると感じました。



MaaSを含めた地域交通改革も継続的に進んでおり、私がアドバイザーとして関わった企業のように、新たに参入したところもあります。さらに高齢化が進み、運転免許を返納しようという人が増えた中で、地域交通の整備が急務になったうえに、コロナ禍で東京などから地方に移住する流れが明確になり、一部では人口減少から増加に転じるなど、改革推進が必要とされるような出来事も増えてきました。

IMG_3349

こうした状況を見て、今こそ地域交通を改革する好機だと感じるようになりました。とはいえ何をすればいいかわからないという声も出てきそうです。そんな人たちに必要なのは、海外の素晴らしい事例を紹介したり、理論や技術を解説したりといった上から目線ではなく、日本国内で頑張っていて、成果が形になりつつある地域を紹介する、同じ目線の話だと思いました。

IMG_7550

取材や講演で訪れたり、知人が改革に携わったりしていた自治体で、注目すべき事例はいくつかあったので、そこに業界内で話題になっている地域を加え、自分がアドバイザーとして関わっている事例の体験談も交えることで、地域交通改革のヒントになればという気持ちから、1冊にまとめました。

IMG_1544

多くの事例を簡潔に並べるという手法もありますが、それならインターネットでも見ることができます。なので個々の都市にある程度のボリュームを割き、現地に行って担当者から直接聞いた話をベースに、ストーリーとしてまとめました。一部は企業や研究者からの取材としましたが、それを含めて自治体が主導している事例に絞りました。MaaSはまちづくりの手段のひとつであり、目的ではないからです。



地域交通をどうやって立て直すか。地方にMaaSは必要なのか。地方移住の流れにどう対応するか。こういった疑問を解決するためのヒントになれば嬉しく思います。すでに本書で取り上げた前橋市の山本龍市長にブログで紹介いただくなど、反響が少しずつ届いており心強い限りです。とにかく今は、地域交通改革のチャンス。チャンスを生かす自治体が、少しでも増えていくことを望んでいます。

公共空間という意識があおり被害を防ぐ

今週木曜日、テレビ東京の午後の情報番組「よじごじDays」に、あおり運転の解説で出演しました。この日のテーマは「夏の防犯対策」で、その一環として、あおり運転に巻き込まれないための対策をアドバイスさせていただきました。事後報告になってしまいましたが、ご覧になった方にはこの場を借りてお礼を申し上げます。

IMG_0996
(今回使用した写真は内容とは関係ありません)

番組では私の解説とともに、チューリッヒ保険会社によるあおり運転実態調査の結果も公開されました。2018年から3年連続で、2000人以上のドライバーを対象に行っており、信頼に足る内容だと思っています。今回は番組のテーマが、あおり運転に巻き込まれないための対策ということだったので、数ある調査結果の中から「あおり運転をされたきっかけとして思い当たる行動」についての答えにスポットを当てましたが、興味深い項目が並んでいました。



2018年の調査結果では、もっとも多かったのは「車線変更をした」で17.7%、次いで「追い越し車線を走り続けた」が15.3%、「法定速度を守って走っていた」が14.5%と続いていました。2020年になると「制限速度で走っていた」が17.2%とトップになり、続いて「車線変更をした」「追い越しをした」が14.7%で同率2位となっていました。

この中で特に、制限速度を守っていたのにあおり行為を受けた人が多いことは、多くの出演者が驚いていたようでしたが、私は昔、日本の高速道路の最高速度が100km/hから120km/hに引き上げられようとする際の議論を思い出しました。法律で定められた上限である制限速度と、実際の交通の流れのスピードである実勢速度の関係が、ここにも当てはまると感じたからです。

高速道路の最高速度引き上げの際は、一部の国や地域で制限速度を実勢速度に近づけるべく引き上げた結果、事故が減ったという結果が出たので、日本も引き上げを決めました。このことが示しているように、たしかに法律は私たちが守るべきルールですが、今の実態にそぐわないものも多々あります。道路交通では第一種原動機付自転車や電動車いすの最高速度などが該当すると思っています。

制限速度を守っていたのにあおり行為を受けたという、一見すると不思議な理由も、ここに原因があると考えています。制限速度で流れていない道路は、日本中に数多くあります。そういう場所で制限速度を頑として守り続けたらどうなるか。流れを乱すのは確実です。道路の流れは長年ここを使ってきた人たちが作り上げた、コミュニティのようなものです。その運営を法律違反だからという理由で邪魔すれば、どうなるでしょうか。

IMG_9269

以前にもこのブログで書きましたが、私たちが走る道路のほとんどは、公道と呼ばれているように、公共空間であり、共同生活の場です。なによりも他人の迷惑になるような行為は慎むべきでしょう。車線変更や追い越しについても同じことが言えます。必要以上の車線変更や追い越しもまた、流れというコミュニティを乱し、周囲から反感を買うことになります。道路交通ではそれが、あおり運転につながることは十分に考えられます。

 

この調査が日本の保険会社ではなく、来年で創業150周年という歴史を持つ欧州の会社によるものであることも、こういう表現につながったのかもしれません。日本の調査結果ではこのような記述はあまり見ないからです。たしかに欧州は道路に限らず、公共空間を大切にしており、どう使えばみんなが心地よくなれるか、心がけていることが伝わってきます。欧州から見たメッセージでもあるとも受け取りました。