THINK MOBILITY

モビリティジャーナリスト森口将之のブログです。モビリティやまちづくりについて気づいたことを綴っています

コミュニケーション

講演・調査・執筆などのご依頼はこちらからお願いいたします→info@mobilicity.co.jp

交通は福祉の一部

私も所属している「日本福祉のまちづくり学会」第21回全国大会が、8月8日から今日まで神戸市で開かれました。今回は9日に「自動運転が地域交通に貢献する可能性」という題目で研究発表を行なった後、11日に 地域福祉交通特別研究委員会の一員として、「豊かな『くらしの足』を創り,育てる『のりしろ』を考える」というテーマで話題提供及び討論を行いました。

会場にお越しになった皆様、運営に携わった方々には、この場を借りてお礼を申し上げます。

IMG_3761
日本福祉のまちづくり学会ウェブサイト= http://www.fukumachi.net

自分にとって5年目となる全国大会参加は、まだまだ学ぶべきことが多いことを痛感しました。今回はまず、千葉県市原市の事例に驚きました。市原市は県庁所在地である千葉市の隣に位置しており、東京湾沿いは電車がひんぱんに走り工場や商店が並ぶのに対し、内陸部の市津地区は鉄道がないうえにバスが乗客減から廃止となり、地域住民が主体となってデマンドタクシーを走らせているというのです。

市津地区のデマンドタクシーは、実証運行から本格運行へと移行していく過程での内容改善が功を奏し、利用者数は増えているそうですが、東京都心から自動車で約1時間という場所が、日々の移動手段維持にも困っているという現実は、我が国の高齢化・過疎化の問題が大都市のすぐ近郊にまで迫っており、抜本的な対策が必要であるという気持ちになりました。

続いて本日の討論会では、私は近年我が国の地域交通に関連する制度改革に伴って誕生した新しいモビリティの技術やサービス、つまりこのブログで紹介してきた事例を報告したのですが、新しい技術やサービスが開発されれば問題が解決されるわけではないことは分かっています。高齢化や過疎化が進む現在では、これまでのように交通・福祉・コミュニティの取り組みを独立して進めていては問題は解決されず、のりしろを設けるように範囲を広げてみることが大事ではないかというメッセージが出されました。

IMG_5673

個人的には、交通は福祉の一部であるという認識を多くの人に持ってほしいと考えています。欧米ではすでに一般的な考えであり、福祉政策のひとつとして交通が位置付けられ、税金主体で整備や維持が行われます。しかし日本では住民のみならず、国会議員や地方議員でも選挙の際に交通に言及する人は稀であるばかりか、交通と福祉を対立軸に置き、赤字を計上する地域交通は無駄であり、同じ予算を高齢者に直接配分した方が有意義であるという主張さえ聞かれます。

たしかにそのほうが住民にとっては聞こえが良いでしょう。しかし人間は動物の一種であり、移動は人間の本能のひとつであると考えます。移動機会を増やすことで健康を取り戻したというエピソードは各所で目にします。世界屈指の高齢化社会であり、地方の過疎化も進む日本こそ、福祉の一部として交通を考え、積極的に整備と維持を進めていくべきではないか。全国大会が終わった今、改めてこの問題をアピールしていこうという気持ちになりました。

SMART DRIVER FORUMに出演します

以前ブログで紹介した富山でのセミナー、本日無事に終了し、さきほど東京に戻ってきました。参加していただいた方々には、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

今回は次の出演情報について紹介いたします。3月1日に東京の虎ノ門ヒルズで開催されるSMART DRIVER FORUM(スマートドライバーフォーラム)に出ることになりました。

30
SMART DRIVER FORUMのウェブサイト=https://www.smartdriver.jp/forum/

今回のフォーラムは、2007年に発足した「スマートドライバープロジェクト」の一環で、自動運転やシェアリングエコノミー、超高齢化社会など、道路やモビリティを取り巻く状況が大きく変わりつつある中、私たちの「交通安全」意識も変わっていくべきではないかと考え、開催に至ったとのことです。

発起人の小山薫堂氏をはじめとする錚々たるメンバーの中で、私はモビリティジャーナリストとして、移動する「人」視点での「新しい交通安全」を、国内外のさまざまな現場を見てきた経験から提案していきたいと考えているところです。チケットはすでにクラウドファンディングのCAMPFIREなどで受け付けています。

03

個人的には以前、ある方から言われた「安全は自分から取りに行くもの」という言葉が印象に残っています。ルールの制定や技術の進化といった受身的な要素も大切ですが、やはり移動するひとりひとりの心がけが重要ではないかと感じているところです。

06

ひとりでも多くの方々に参加していただき、「新しい交通安全」をいっしょに創り出していければと思っています。よろしくお願いいたします。

富山でモビリティの講演をします

ひさびさに講演のご案内です。来年1月20日、富山市の富山市民プラザで開催される「まちづくりセミナー2018」でお話をさせていただくことになりました。テーマは「モビリティ先進都市TOYAMA」です。

IMG_1355
セミナーのご案内=https://www.facebook.com/events/1517306118306072/

富山は自分にとって新たな進むべき道を示してくれた都市のひとつです。2011年、東日本大震災の影響で仕事が激減する中、5年前に開業直後の富山ライトレールを訪ねて感心したことを思い出し、一連のストーリーを本にまとめようと考えました。森雅志市長をはじめとする関係者の協力のおかげもあって、同年末に「富山から拡がる交通革命(交通新聞社)」として出版することができました。

IMG_1343

その後も富山には2012、2013、2016年に訪れ、先進的な取り組みをメディアなどで報告してきました。我が国の地方交通の多くが疲弊していく中、富山は独自の工夫と熱意によって、欧州の都市を思わせる公共交通を軸としたコンパクトシティを構築。日本の都市交通改革の牽引役となっています。そんな成功事例を目にしてきた経験は、自分の活動の中で重要なポジションを占めるようになりました。

IMG_1441

しかしそれは東京に暮らす人間が外野から眺めた印象でもあります。地元の方々はどのような感想を抱いているのか。今回は貴重な意見交換の場でもあると考えています。一方富山の都市交通を体験したことがない方は、これを機に実際に利用してみることで先進性を確認してみてはいかがでしょうか。ひとりでも多くの方とお会いできることを楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

モーターショーの未来を考える

このブログでも出展内容を紹介した第45回東京モーターショーが11月5日に閉幕しました。10日間の累計入場者数は77万1200人で、約4万人の減少という結果が出ました。これを受けて一部のメディアでは、ショーのあり方についてさまざまな批判が出ていました。

IMG_8593

ただし世界の国際格式のモーターショーの入場者数を見ると、前回より増えているのは中国の上海ぐらいで、今年で言えば東京だけでなくデトロイト、ジュネーブ、フランクフルトも減少しています。昨年開催されたパリや北京も前回を下回っています。フランクフルトに至っては10万人以上という大幅減です。多くのモーターショーが入場者数を減らしているという事実をまず把握すべきでしょう。

これらの中で東京モーターショーと近い位置にあるのは、フランクフルトとパリだと思っています。いずれも大手メーカーがある自動車先進国で、一国を代表するショーとして開催されています。近年は他国の自動車ブランドの欠席が目立つ点も共通しています。ここで注目したいのはフランクフルトとパリで、近年ショーの方向性が大きく変わってきていることです。

IMG_8300

フランクフルトは自動車メーカーが発信する場という色彩を強めつつあります。今回で言えば電動化など先進的技術的なテーマを掲げ、プレスデーと一般公開日の間に業界関係者向けのトレードデーを用意していました。閉会後のプレスリリースでは随所にトレードショーという文字が登場し、関係者比率が35%に達したことをアピールしていました。

一方のパリは来年開催の次回、会場周辺のサーキットでスーパーカーや高級車を含めた試乗会を開催し、従来は別開催だった2/3輪車のショーを併催とすることなどで挽回を図ろうとしています。一方で東京やフランクフルトと同じように、IT系企業によるモビリティの新しいソリューションやサービスを体験できるコーナーも用意するとのことです。

IMG_8431

フランクフルトが目指しているのは、米国のハイテク系イベントとして注目が集まるCES(家電見本市)ではないかと予想しています。CESの入場者数は20万人以下であり、そもそも入場者数は重視していません。一方のパリはあくまでユーザー重視のエンターテインメント・ショーという立場にこだわっていることが伺えます。自動車を産業と考えるドイツ、文化と考えるフランスの違いでしょう。

では東京はどこを目指すのか。複数の関係者に聞いたところ、両方を目指すという答えが返ってきました。テクノロジー・ショーを掲げつつ業界関係者だけでなく一般ユーザーにもアピールしたいというスタンスだそうです。メッセージとしては弱くなるかもしれないが、日本が持つ文化の多様性を表現するようなモーターショーにしたいという言葉がありました。

IMG_8390

個人的にはテクノロジーとエンターテインメントを分けるのではなく、融合を目指してほしいという気持ちです。現に日本が世界をリードするパートナーロボットでは、両者を融合したプロダクトがいくつも登場しています。既存の自動車メーカーとIT系ベンチャーのモビリティの融合も進めてほしいところです。他国を含めて現状のモーターショーは自動車メーカー中心です。それがCESなどに注目が集まる理由になっていると考えています。

もうひとつ、世界が同じ方向に進みがちなエンジニアリングより、デザインを重視した方が独自性を発揮できるとも感じています。そもそもショーとは「見せる場」なのですから。今回で言えばトヨタの新型センチュリーやジャパンタクシー、マツダの2台のコンセプトカー、2輪車ではホンダ・スーパーカブやカワサキZ900RSなど、日本らしさを反映したデザインが出始めています。そして最後に、数を追うのはそろそろ止めにして、CESのように質を目指す方向にシフトしていくことを望みます。

i-ROADの未来を語り合った週末

先週末、このブログでも何度か紹介してきた、トヨタ自動車の超小型モビリティ「i-ROAD」を使った「OPEN ROAD PROJECT」のパイロットミーティングが開催されました。昨年7月にスタートしたプロジェクトが1周年を迎えたのを機に、第1〜8期の試乗パイロットとトヨタの関係者が集まり、これまでの活動を振り返りながら、今後のi-ROADについて意見交換をしました。第2期パイロットの私も参加してきました。

IMG_8588

OPEN ROAD PROJECTについてもう一度簡単に説明しておくと、都市生活者に自由な移動を提供するために、i-ROADというプロダクトだけでなく、駐車場やアプリなどのサービスを含めて、新しい移動体験の開発に取り組むプロジェクトです。

IMG_8608

会場に着くと、すでにパイロットとその家族たちで賑わっていました。自分のような自動車業界に関わる人はごく少数で、多彩なライフスタイルの方々が集まっていました。こうした方々に1か月間、市販前の車両を貸し出し、いっしょに開発に参加してもらうという方法を考え、実践したトヨタの度量の大きさには改めて驚かされます。

IMG_8561

専用アプリが次々に増えていったことにも感心しました。第2期では駐車場検索や充電状況確認だけでしたが、その後アクセルやリーンに合わせてスピーカーから流れる音が変わっていく「SOUND-X」、回生ブレーキによる充電状況を水のようなグラフィックで表現した「Streaming Blue」などが追加されていました。第2期ではフロントパネルだけだったカスタムパーツは、他にドリンクホルダーも存在していました。

IMG_8575

2人乗り仕様に戻ることもできました。第3期から渋谷区、第7期から世田谷区で走り始めており、専用アプリも用意しています。外観はナンバープレートが軽自動車用になり、車体前後に逆三角形の識別マークが追加されたことが目立ちます。乗り味はひとり乗りと変わりません。ただ現在の超小型モビリティ認定制度では、地域内での走行に限定されており、渋谷区の人は渋谷区内しか走れません。本格的な普及にはやはり独自のカテゴリーが必要だと痛感しました。

IMG_8586

会場には、i-ROADが自宅にやってきたらどう使いたいか、i-ROADにどんなサービスや機能があったら良いか、という質問の答えを自由に書き込めるコーナーもありました。 オープンカーの開発、こたつの用意、レースの開催など、柔軟な発想が楽しかったです。子供の書き込みが多かったのも印象的で、「大人になったらi-ROADを買いたいです」という具体的な要望も出ていました。未来のドライバーたちがこの乗り物にとても興味を寄せていることが分かりました。

IMG_8602

トヨタでは今後も、OPEN ROAD PROJECTのようなチャレンジを続けていきたいそうです。東京やグルノーブルでのシェアリングサービス「Ha:mo」を含めて考えれば、日本でもっとも超小型モビリティの普及を真剣に考えている会社と考えて良いでしょう。トヨタの次の一手に注目したいと思っています。
ギャラリー
  • 交通は福祉の一部
  • 交通は福祉の一部
  • 群馬から全国に広がる低速電動バス
  • 群馬から全国に広がる低速電動バス
  • 群馬から全国に広がる低速電動バス
  • 群馬から全国に広がる低速電動バス
  • 2020年までに進めたい東京モビリティ改革
  • 2020年までに進めたい東京モビリティ改革
  • 2020年までに進めたい東京モビリティ改革